スマートフォン向け表示
  1. 東洋大学 スポーツ
  2. 陸上競技部・桐生祥秀選手が世界陸上で銅メダルを獲得
メニュー
東洋大学 スポーツ
Facebook
SPORTS 東洋大学
スポーツ東洋

陸上競技部・桐生祥秀選手が世界陸上で銅メダルを獲得

陸上競技部・桐生祥秀選手が世界陸上4×100mリレーで銅メダルを獲得しました

2017(平成29)年8月13日、世界陸上・男子4×100mリレー決勝で、本学陸上競技部の桐生祥秀選手(法学部企業法学科4年)が3走を走る日本代表(1走:多田修平選手―2走:飯塚翔太選手―3走:桐生祥秀選手―4走:藤光謙司選手)が38秒04で、日本初となる世界陸上同種目での銅メダルを獲得しました。

レース後のインタビューでは「メダルがとれて本当に良かったです。(100mに出場できず)チームに支えられた分、恩返ししたい気持ちがありましたし、応援してくれた皆様に、そして日本にメダルを持って帰れて嬉しいです」とコメントしました。

皆様、応援ありがとうございました。

関連リンク