スマートフォン向け表示
  1. 東洋大学 スポーツ
  2. 陸上競技部 桐生祥秀選手と松永大介選手が川越市スポーツ賞を受賞しました
メニュー
東洋大学 スポーツ
Facebook
SPORTS 東洋大学
スポーツ東洋

陸上競技部 桐生祥秀選手と松永大介選手が川越市スポーツ賞を受賞しました

2016年10月29日(土)川越市役所において、「川越市スポーツ賞授賞式」が挙行され、本学陸上競技部で短距離部門の桐生祥秀選手(法学部企業法学科3年)と長距離部門の松永大介選手(理工学部都市環境デザイン学科4年)が川越市スポーツ賞を受賞しました。

桐生選手松永選手集合写真

本賞は、川越市文化スポーツ顕彰要綱に基づき、川越市にゆかりのある選手として、市民に感銘を与えるとともに、同市の文化スポーツの振興に貢献した功績に対し、表彰されたものです。

受賞者挨拶では、桐生選手からは「来年の世界陸上競技選手権大会や2020年の東京オリンピックに向けて良い結果を残し、またこの場に呼ばれるよう頑張りたい」、松永選手からは「日本人初の7位入賞を成し遂げることができたが、同時に世界の壁を感じた。2020年の東京オリンピックを見据えて、来年の世界陸上競技選手権大会から良い結果を残せるよう頑張っていきたい」とのコメントがありました。

当日の受賞式には、桐生選手、松永選手のほか、神田雄一副学長、土江寛裕コーチ(法学部企業法学科准教授)が出席しました。