スマートフォン向け表示
  1. 東洋大学 スポーツ
  2. リオデジャネイロ大会日本代表選手の報告会を開催しました
メニュー
東洋大学 スポーツ
Facebook
SPORTS 東洋大学
スポーツ東洋

リオデジャネイロ大会日本代表選手の報告会を開催しました

リオデジャネイロ大会報告会集合写真
写真:会場に集まった学生・教職員約700名と選手・應援指導部 学生たちの集合写真

2016年10月3日(月)午後12時20分より、白山キャンパス・井上円了ホールにおいて、リオデジャネイロ大会に日本代表として出場した選手5名の報告会を行いました。

報告会には、水泳部の萩野公介選手、陸上競技部短距離部門の桐生祥秀選手、陸上競技部長距離部門の松永大介選手、陸上競技部短距離部門のウォルシュジュリアン選手、そして水泳部の平井伯昌監督、陸上競技部短距離部門の土江寛裕コーチの6名が登壇しました。

会場となった井上円了ホール、川越・朝霞・板倉キャンパスの中継会場に集まった学生・教職員総勢950名に迎えられた選手たちは、大会結果や声援への感謝、今後の意気込みについて語りました。


選手紹介・コメント

萩野公介選手萩野公介選手

水泳部
文学部英語コミュニケーション学科 4年

競泳 男子400m個人メドレー   金メダル
         男子200m個人メドレー   銀メダル
         男子4×200mフリーリレー   銅メダル
         男子200m自由形        7位

「男子400m個人メドレーの試合では、この会場でパブリックビューイングもしていただき、何とか目標とする金メダルを持って帰ることができました。応援いただき、本当にありがとうございました。4年後の舞台は東京なので、今度はパブリックビューイングではなく直接試合会場に来るチャンスがあるかと思います。東京に向けての戦いが各種目で始まっており、日本でもたくさん大会が行われていますので、ぜひ実際に試合会場に観に来ていただけると嬉しいです。本日はありがとうございました。」


桐生祥秀選手桐生祥秀選手

陸上競技部短距離部門
法学部法律学科 3年

陸上 男子4×100mリレー 銀メダル
   男子100m


「4×100mリレーでは銀メダルを獲得することができましたが、個人でも活躍する、ということが今回のリオの目標でもあったので、喜びと悔しさを両方感じる結果となりました。残りの4年間で世界を舞台に戦える選手になれるようしっかりと頑張りますので、これからも応援のほどよろしくお願いします。本日は、お集まりいただきありがとうございました。」


松永大介選手松永大介選手

陸上競技部長距離部門
理工学部都市環境デザイン学科 4年

陸上 男子20km競歩 7位入賞



「皆さんの声援のおかげで、男子20km競歩7位という日本人初の入賞を成し遂げることができました。ただ、メダルの獲得を目標にしていたため、まだまだこの結果に満足することはできません。4年後と言わずに、まずは来年ロンドンで開催される世界陸上で金メダルを獲得できるよう頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました。」


ウォルシュジュリアン選手ウォルシュジュリアン選手

陸上競技部短距離部門
ライフデザイン学部健康スポーツ学科 2年

陸上 男子400m
   男子4×400m


「この度は、応援いただきありがとうございました。リオでは楽しんでレースに臨むことができましたが、あまり良い結果を残すことが出来ませんでした。4年後の東京オリンピックはもちろん、来年の世界陸上に向けて頑張りたいと思います。」


内田美希選手内田美希選手

水泳部
経営学部経営学科 4年

競泳 女子4×100mフリーリレー 8位入賞
   女子4×100mメドレーリレー
   女子100m自由形

<ビデオメッセージ>
「400mリレーで8位という結果を残すことができました。9月頭に行われた日本学生選手権では女子総合優勝をすることができました。9月で現役生活を引退することになったのですが、これまで支えてくださったすべてのみなさまに感謝したいと思います。ありがとうございました」