スマートフォン向け表示
  1. 東洋大学 スポーツ
  2. リオオリンピックに向けた日本代表選手の壮行会を開催しました
メニュー
東洋大学 スポーツ
Facebook
SPORTS 東洋大学
スポーツ東洋

リオオリンピックに向けた日本代表選手の壮行会を開催しました

2016年5月16日(月)午後12時20分より、白山キャンパス・キャンパスプラザにて、今年8月に開幕するオリンピック リオデジャネイロ大会に出場する選手3人(5月16日現在)の壮行会を行いました。壮行会には、陸上競技部長距離部門の松永大介選手、水泳部の萩野公介選手、同じく水泳部の内田美希選手、そして陸上競技部長距離部門の酒井俊幸監督、水泳部の平井伯昌監督の5名が登壇しました。
この会場に集まった学生・教職員約700名の大きな声援を受け、世界へ向けての意気込みを語りました。
壮行会

壮行会会に先立ち、竹村牧男学長は挨拶で「オリンピックの出場の陰には、並大抵ではない精進と鍛錬があったと思います。オリンピックは4年に1度の特別な大会。ぜひ最高の舞台で、最高の自分を表現することだけを考えて頑張ってください。リオデジャネイロは時差が12時間ありますので、コンディションの調整が重要になってくると思います。体調に留意し、最高のコンディションで臨んでほしいと思います」とエールを送りました。

続いて、陸上競技部長距離部門の酒井俊幸監督は「2大会連続で、東洋大学から現役で競歩選手を送りだすことができました。今回は、出場だけでなく、勝負できるように調整していきたいと思います。松永選手は、日本時間の8月13日の出場ですので、ぜひ応援よろしくお願いします。また、マラソンの日本代表には卒業生の北島寿典選手(安川電機)、石川末廣選手(Honda)が決まっています。そして、長距離以外の代表選手発表は6月末の日本選手権になります。トラック競技、短距離など、代表入りを狙えるよう、ぜひ頑張りたいと思います」と、述べました。

そして、水泳部の平井伯昌監督は「今回の萩野選手、内田選手のオリンピック出場が、水泳部創立初となります。実は、萩野選手と内田選手は、高校生の時にロンドンオリンピックに出場し、今回2回目の代表。リオではロンドンを上回る成績を出して帰ってこられるように頑張ってほしいと思います。私も競泳のヘッドコーチとして、今回で5回目のオリンピックになります。大学で、立派な報告会ができるように頑張ります」と、力強い挨拶をしました。

   

選手紹介・コメント
松永選手

松永大介選手


陸上競技部長距離部門
理工学部都市環境デザイン学科4年
陸上競技 男子20km競歩代表

「リオでは、100%以上の力を出さなくては、メダルはおろか入賞にも届きません。今、100%以上の力を出す自信があります。しっかりと一つ一つ、前をとらえていって、一つでも上の順位を目指したいと思います。」

松永選手の紹介記事はこちら


萩野選手萩野公介選手

水泳部
文学部英語コミュニケーション学科4年
競泳 男子400m個人メドレー、男子200m個人メドレー、
男子200m自由形、男子4×200mフリーリレー 代表

「今回2回目のオリンピック出場権を獲得することができ本当によかったと思っています。本大会で泳げる喜びと幸せをかみ締めながら、4年に1度という大きな舞台で、世界の強豪選手や日本の選手と正々堂々と戦ってきたいと思います。」

萩野選手の代表決定記事はこちら


内田選手内田美希選手

水泳部
経営学部経営学科4年
競泳 女子4×100mフリーリレー、
女子4×100mメドレーリレー 代表

「2大会連続でオリンピックに出場でき、とても嬉しいです。前回はリレー1種目だけでしたが、今回はメドレーリレーも出場することになり、チームに貢献できるように頑張りたいと思います」

内田選手の代表決定記事はこちら


その後、学生代表者から選手へ各キャンパスの学生・教職員からメッセージが書き記された横断幕を渡し、最後に応援指導部による校歌・エールによって、選手たちを盛大な拍手で送り出しました。
壮行会に参加していた、社会学部1年生は、「同じ大学で、オリンピックに出場する人がいるなんて感激です。ぜひ頑張ってもらいたいです。応援しています」。また、卒業生の姿もあり、「壮行会はfacebookで知りました。萩野君!東洋大学に入学してくれてありがとう。応援しています!」と熱いメッセージを伝えてくれました。

取材メディアは約70名が参加し、注目度の高さが伺えました。

壮行会後の選手動画コメント

松永大介選手
萩野公介選手・内田美希選手

壮行会壮行会