MENU CLOSE

円了×熊楠―近代日本のエコ・フィロソフィ

  • English
  • 日本語

日時:2013年02月24日(日) 13時30分~17時30分

場所:白山キャンパス 2号館16階「スカイホール」

主催:東洋大学「エコ・フィロソフィ」 学際研究イニシアティブ(TIEPh)

備考:13時00分開場/参加無料/参加申込不要


写真:円了×熊楠―近代日本のエコ・フィロソフィ東洋の知の伝統の中から新たな哲学を見出し、近代教育を実践の場とした井上円了。フィールドワークを通じて独自の自然観を確立し、自然保護運動の先鞭をつけた南方熊楠。
それぞれ異なる対象に取り組んだ二人の知の巨人には、世界はどのように見えていたのか。
自然とのつきあい方を根本から考え直すことが吃緊の課題となった現代において、実践知としてのエコ・フィロソフィを円了と熊楠から学びます。

シンポジウム「円了×熊楠―近代日本のエコ・フィロソフィ」
(東洋大学エコポイント制度対象企画)

  • 日時 2013年 2月24日(日) 13時30分~17時30分
  • 場所 東洋大学白山キャンパス 2号館16階「スカイホール」
  • 主催 東洋大学「エコ・フィロソフィ」 学際研究イニシアティブ(TIEPh)
  • 後援 国際井上円了学会
  • 協賛 東洋大学エコキャンパス推進委員会
  • 備考 13時00分開場 参加無料 参加申込不要 
    東洋大学エコポイント100p付与(東洋大学学生・教職員対象)
    TIEPhホームページもご参照ください。

TIEPhホームページ

円了×熊楠―近代日本のエコ・フィロソフィのチラシはこちら [PDFファイル/1.6MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)