1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブ
  5. 東洋大学TIEPh&茨城大学ICAS共催ワークショップ「自然といのちの尊さについて考える」を開催しました
MENU CLOSE

東洋大学TIEPh&茨城大学ICAS共催ワークショップ「自然といのちの尊さについて考える」を開催しました

  • English
  • 日本語

東洋大学「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブ(TIEPh)では、茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)との共催で、毎年国際セミナーを開催しております。
今年度は書籍出版にむけて、引き続き「自然といのちの尊さ」をテーマとし、執筆予定者を中心にしたワークショップを開催いたしました。

東洋大学TIEPh&茨城大学ICAS共催ワークショップ「自然といのちの尊さについて考える」を開催しました

ワークショップのご案内

日時:11月15日(土)13時~

場所:東洋大学白山キャンパス6号館4階文学部会議室

主催:「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブ(TIEPh)

共催:茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)

東洋大学TIEPh&茨城大学ICAS共催ワークショップ「自然といのちの尊さについて考える」のチラシ画像

ポスターのPDFはこちらから [PDFファイル/106KB]

プログラム

研究発表

中川光弘:二つの世界観の適応誤謬について

上柿崇英:〈生活世界〉の構造転換―“生”の三契機と“倫理”の三層構造

関 陽子:獣害問題と野生動物の殺害―疎外の克服としての獣害対策を考える

岩崎 大:自然観と死生観をつなぐ―終末期患者の視線から 

秋山知宏:いのちを尊ぶ開発について

増田敬祐:生命と倫理の基盤−−自然といのちを涵養する環境の倫理

立入 郁:気候変動と自然・いのち、個人・社会

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)