MENU CLOSE

公開シンポジウム「南方熊楠:神と人と自然」

  • English
  • 日本語

TIEPhは、「平成23年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成23年度〜27年度)」に採択されました。今後の活動予定については、順次こちらのページにお知らせいたします。

公開シンポジウム「南方熊楠:神と人と自然」

2013/10/12南方熊楠シンポジウムのポスター画像

  • 日時:2013年10月12日(土)13時30分~
  • 場所:白山キャンパス井上円了ホール
  • 主催:「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブ・南方熊楠顕彰会
  • 協力:田辺観光協会・協賛:紀南文化財研究会・南紀生物同好会・田辺市熊野ツーリズムビューロー
  • 後援:和歌山県・田辺市
  • 備考:開場:12時30分~、参加無料 
  • チラシのpdfはこちらから
     チラシ(表) [PDFファイル/877KB] ・ チラシ(裏) [PDFファイル/705KB]  

 東洋大学「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブ(TIEPh)では、昨年度に開催した公開シンポジウム「円了×熊楠―近代日本のエコ・フィロソフィ」に引き続き、「エコロジー」という概念を日本において先駆的に用いて自然保護運動を行った博物学者の南方熊楠をテーマに、シンポジウムを開催いたします。
 南方熊楠のエコロジー思想について、荒俣宏氏をはじめ、熊楠研究者たちによる先進的な提起を通して、日本人のもつ自然観の原点を考えていきます。

プログラム

〇基調講演
講師:荒俣 宏 氏(博物学者・作家)
 「熊楠と紀州的自然観 ―東北的自然観との比較をみつめて」
〇研究発表
唐澤太輔(早稲田大学社会科学総合学術院・助教)
 「『南方曼陀羅』『新次元へ―理不思議と大不思議―」
野村英登(東洋大学TIEPh研究員)
 「南方熊楠の修養法」
増尾伸一郎(東京成徳大学教授)
 「南方熊楠の比較説話研究と大蔵経―『田辺抜書』の黄檗版抄録の意義について―」
安田忠典(関西大学准教授)
 「南方熊楠と紀州田辺」

〇パネルディスカッション司   会:田村義也(南方熊楠顕彰会常任理事)
パネリスト:荒俣 宏、唐澤太輔、野村英登、増尾伸一郎、安田忠典

参加申し込み方法

南方熊楠顕彰会(南方熊楠顕彰館)特設ページ
TEL:0739-26-9909
FAX:0739-26-9913
e-mail : minakata@mb.aikis.or.jp

※メールのお申し込みフォームはこちら
※FAX・メールでお申し込みの場合は、お名前・郵便番号・ご住所・電話番号をご記入ください。

その他お問い合わせ

シンポジウムに関するお問い合わせは下記の

東洋大学「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブの事務局までお願いいたします。

TEL:03-3945-7534(平日11時00分~18時00分のみ)
e-mail : ml.tieph-office@toyo.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)