1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブ
  5. 公開シンポジウム天命はなお反転する―人間再生のための環境荒川修作+マドリン・ギンズとともに」
MENU CLOSE

公開シンポジウム天命はなお反転する―人間再生のための環境荒川修作+マドリン・ギンズとともに」

  • English
  • 日本語

公開シンポジウム
「天命はなお反転する―人間再生のための環境荒川修作+マドリン・ギンズとともに

 

  • 日時:2013年03月09日(土) 13時00分~18時00分
  • 場所:白山キャンパス 井上円了ホール
  • 主催:「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブ
  • 共催:神経現象学リハビリテーション総合研究センター、ABRF, Inc.(荒川+ギンズ東京事務所)
  • 備考:開場:12時00分~、参加無料 

 東洋大学「エコ・フィロソフィ」学際研究イニシアティブ(TIEPh)では、未来の哲学的な環境デザインの構想に関して、シンポジウムを開催いたします。
 これまでTIEPhでは、独創的かつ世界的アーティストである荒川修作+マドリン・ギンズの建築的試みを手がかりに、環境デザインの構想について考えてきました。
3.11を生き抜いた後の来るべき人間(-有機体)はどのような環境で生き、何を語ることができるのでしょうか。芸術、哲学、生命科学、精神医学、発達科学、すべての未来はどこへ向かうのでしょうか。
 荒川修作+マドリン・ギンズとともに三人の提題者が、これらの問いを人間再生に向けた環境設定の問いとして引き受けます。その他、山岡信貴監督作品である荒川修作の映画上映、特別展示等々、盛り沢山のイベントを用意しております。 

プログラム

 13時00分 開会のことば

山田利明(東洋大学、TIEPhセンター長) 

13時15分 映画上映

「死なない子供、荒川修作」(2010 年/カラー80 分/制作:リタピクチャル)山岡信貴監督による作品解説つき)

 14時45分 総合シンポジウム

「天命はなお反転する 人間再生へ」

パネリスト

  • 河本英夫(東洋大学文学部教授、TIEPh研究員)
  • 花村誠一(東京福祉大学福祉学部教授)
  • 池上高志(東京大学大学院教授)

16時00分 総合討論 

総合司会
  • 稲垣諭(TIEPh研究員)
  • 本間桃世(荒川修作+マドリン・ギンズ東京事務所 代表)

17時15分 映像舞台作品

「モア・ディベロプメント――追悼人見眞理」 (岩崎正子、池田由美、稲垣諭)

18時15分 閉会のことば

 詳細については「天命はなお反転する―人間再生のための環境荒川修作+マドリン・ギンズとともに」[PDFファイル/1.8MB]をご覧ください。

参加申し込み方法

どなたでもご参加いただけます。
完全予約制ではありませんが、お席の関係上事前予約をお薦めいたします。
お名前、参加人数、ご連絡先(Email、Fax等)を下記メールアドレスまでお送りください。

参加申し込み用メールアドレス: ml-arakawa@toyo.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)