スマートフォン向け表示
  1. TOYO GLOBAL DIAMONDS >
  2. 2018 AIEA Annual Conferenceに参加

2018 AIEA Annual Conferenceに参加

  • English
  • 日本語

動画:Plenary Luncheonでのグリーン スティーブン准教授のスピーチの様子

 

東洋大学は、2月18日(日)~21日(水)にアメリカ ワシントンD.Cで行われた2018 AIEA (Association of International Education Administrators)Annual Conferenceに参加しました。

AIEA Annual Conferenceとは、主に全米の高等教育機関から上級管理職(国際担当副学長、国際部長など)が一同に集う年次大会で、セッションの聴講やワークショップなどを通じ高等教育の国際化について議論する国際会議です。また参加者同士のネットワーク構築の場として、世界各国から多くの機関が参加しています。今年は約45の国と地域から850名を超える人数が参加しました。

昨年に引き続き、東洋大学はスーパーグローバル大学創成支援事業(SGU事業)採択校として早稲田大学、上智大学と共にスポンサーとして参加しました。会期中には在米日本大使館の参事官やCULCON(日米文化教育交流会議)を招き、三大学で"Building Strategic Partnerships for Student Mobility between the U.S. and Japan"というテーマの特別セッションを設けました。本学からは芦沢真五教授(国際学部)が参加し、日本の高等教育に関心のある各国の教育関係者と情報を共有しました。

AIEA2018_5

常設ブースにおいては、外国語による授業科目を今後更に増やしていくことや、サマープログラムの拡充など、東洋大学の国際化への取り組みについて海外の大学関係者に周知しました。また、来場者が一同に集まるランチセッションでは、三大学を代表して本学のグリーン スティーブン准教授(法学部)がSGU事業をはじめとする日本の国際化に関する取り組みについてスピーチを行いました。

AIEA2018_1 AIEA2018_2

今後も、東洋大学は優秀な留学生の獲得や学生の派遣に努めるなど、学内の国際化を推進し、海外でのプレゼンスを高めていきます。

 

2018 AIEA Annual Conference
http://www.aieaworld.org/2018-annual-conference

2018 Session Materials (特別セッションの発表資料がご覧いただけます)
Information Session: Internationalization of Higher Education in Japan