1. トップページ
  2. 東洋大学「白山哲理塾」-街・人・大学 無限の学び-
  3. Toyo University Community Cooperation "Hakusan Tetsuri Juku" Outline//東洋大学地域振興懇話会「白山哲理塾」要綱
MENU CLOSE

Toyo University Community Cooperation "Hakusan Tetsuri Juku" Outline//東洋大学地域振興懇話会「白山哲理塾」要綱

  • English
  • 日本語

Toyo University Community Cooperation "Hakusan Tetsuri Juku" Outline

(Purpose)

No.1 This Juku was established for Toyo University to become the basis of intellect in the Hakusan area,  is cooperating together with the university and local community, and as a part of contribution to the local society. In addition, by cooperating with the Hakusan Community Promotion Gathering, it hopes to provide a space where working professionals, owners of business, shopkeepers, students and children can utilize for self-development. There, they can learn from each other, influence and improve each other’s knowledge and virtue, promote the local community and expand the "communication circle".

(Name of the Juku)

No.2 The name of this Juku, "Hakusan Tetsuri Juku", is named in the honor of Toyo University 125th Anniversary Memorial Hall, which was constructed modeling the Tetsuri Gate of Tetsugakudo.

(Office)

No.3 This Juku is put in the Toyo University General Affairs Office/General Affairs Section Community Promotion Office and performs necessary office work.

(Management)

No.4 This Juku will be sponsored by the Toyo University General Affairs Office/General Affairs Section Community Promotions Office, cooperate and manage with the Hakusan Community Promotion Gathering.

(Steering Committee)

No.5 The Steering Committee for this Juku is shown on the separate sheet.

(Furtherance of Business)

No.6 Toyo University assists the wards, town assemblies, groups and etc. that this Juku is cooperating with.

(Lecture)

No.7 The contents of the lecture will be various, so that senior citizens to children can learn.

(Burden)

No.8 The participant bears the cost necessary for the lectures.

(Lecturer)

No.9 Lecturers will be requested according to the lecture contents. The honorarium for the lecturer is decided at the conference with the Administrative Offices.

(Others)

No.10 Other necessary matters will be decided in the Steering Committee Meeting.

Rider

This outline is carried out from July 1, 2013.

東洋大学地域連携「白山哲理塾」要綱

(目的)

第1 本塾は、東洋大学が白山地域における知の拠点として、大学と地域社会との連携及び地域社会への貢献の一環として、白山地域振興懇話会と協働し社会人、経営者、商店主、学生、児童等が自己啓発の場として気軽に学び学習し相互の知徳を高めると共に、地域の振興とコミュニケーションの輪を広げていくことを目的として開設するものである。

(塾の名称)

第2 本塾の名称は、東洋大学125周年記念館が哲学堂の哲理門を模して建設したことにちなみ「白山哲理塾」とする。

(事務所)

第3 本塾は、東洋大学総務部総務課地域連携推進室に置き必要な事務を行う。

(運営)

第4 本塾は、東洋大学総務部総務課地域連携推進室が主催し、白山地域振興懇話会と協働し運営するものとする。

(運営委員)

第5 本塾の運営委員は別紙の通りである。

(事業助成)

第6 東洋大学は本塾の事業に連携する区、町会及び団体等の事業に対して助成することができる。

(講座)

第7 講座の内容は児童から高齢者まで学習できる多様な内容とする。

(負担)

第8 講座に必要な実費は受講者が負担するものとする。

(講師)

第9 講師は講座内容により依頼する。講師謝礼は事務局との協議で定めるものとする。

(その他)

第10 その他必要な事項は運営委員会議において定める。

付則

この要綱は、平成25年7月1日から施行する。