1. トップページ
  2. ストラスブール大学協定締結30周年記念
  3. グローバル共生社会のあらたなイノベーション人財像
MENU CLOSE

グローバル共生社会のあらたなイノベーション人財像

  • English
  • 日本語

グローバル共生社会のあらたなイノベーション人財像

 ~日仏の変貌する経済・労働環境における創造的“ナレッジ・エンジェルズ”の挑戦~

 東洋大学とストラスブール大学の研究・教育交流30年の歴史で積み上げられた成果を基に、大きく展開しているグローバル共生社会のなか、日仏経済・社会のイノベーションを支える力となる新たな人財像を、創造的「ナレッジ・エンジェルズ」の挑戦として提案します。
 今回ストラスブール大学等から研究者を5名(予定)招聘し、東洋大学の研究パートナーとともにこれまでの30年間の研究交流成果をもとに日仏の経済・社会の現状を振り返り、両国の未来にむけてのあらたな提案をするシンポジウムを行います。全学部の学部生・大学院生および教職員、一般の皆様の参加をお待ちしています。

シンポジウムポスター

シンポジウムポスター [PDFファイル/480KB]

【日時】
9月22日(火)9:30~17:30(9:20開場)
9月23日(水)9:30~13:00(9:20開場)

【会場】
白山キャンパス125記念ホール(8号館7階)

※逐次通訳付
※22日、23日とも聴講無料・予約不要

9月22日(火)

9:20受け付け開始
9:30開会・招待者挨拶
10:00コーヒーブレーク
10:30第1セッション(モデレーター: 今村 肇)
『日仏の経済社会をめぐる政策と制度:市場、競争、所得格差、貧困』
Roland PFEFFERKORN(ローラン・プフェッフェルコルン) 氏(ストラスブール大学社会学研究所所長)
加賀見 一彰 (東洋大学経済学部教授)
12:00休憩・昼食
13:30第2セッション(モデレーター: 安田 聡子(関西学院大学商学部教授))
『日仏の生産システムのイノベーションと産業政策』
Stéphane HEIM(ステファン・ハイム) 氏 (京都大学大学院文学研究科准教授)
富田 純一(東洋大学経営学部准教授)
15:00コーヒーブレーク
15:30第3セッション(モデレーター:富田 純一)
日仏における雇用労働環境の変化、労働インセンティブと社会的イニシアティブ』
Michèle FORTE(ミッシェル・フォルテ) 氏 (ストラスブール大学労働研究所所長)
Francis KERN(フランシス・ケルン)氏(ストラスブール大学国際交流担当副学長)
今村 肇 (東洋大学経済学部教授)
17:301日目終了

9月23日(水) 

9:20

受け付け開始

9:30

第4セッション(モデレーター: 今村 肇)
『変化の時代のスキルチェンジと創造的”ナレッジ・エンジェルズ”の挑戦』
Emmanuel MULLER (エマニュエル・ミュラー)氏 (evoREGコーディネーター、フラウンホーファー  システム イノベーション研究所(ISI) カールスルーエ および 理論応用経済学 研究所(BETA)、ストラスブール大学)
澤口 隆(東洋大学経済学部教授)
11:00コーヒーブレーク
11:15クロストーク(モデレーター:今村 肇)
『グローバル共生社会のあらたなイノベーション人財像を求めて』 報告者全員でのパネルディスカッション
12:30閉会の挨拶
Francis KERN(フランシス・ケルン)氏(ストラスブール大学国際交流担当副学長)
髙橋 一男  (東洋大学 副学長/国際センター長)

 授業の様子 キャンパス

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)