1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 社会学部
  5. 12月6日(土) 2014年度 社会文化体験演習シンポジウム―現場で育む<しなやかな知>―
MENU CLOSE

12月6日(土) 2014年度 社会文化体験演習シンポジウム―現場で育む<しなやかな知>―

  • English
  • 日本語

社会学部社会文化システム学科主催
2014年度 社会文化体験演習シンポジウム

現場で育む<しなやかな知>―グローバル化のなかの体験学習の試み

ポスター 東洋大学社会学部社会文化システム学科では、「グローバルな視野をもって地域社会に貢献する人材の育成」を教育目標に掲げ、2010年度より「体験型教育プログラムによる地域連携の推進」プロジェクトを実施してきました。

同プロジェクトは、2013年度から正規カリキュラムのなかに導入され、「社会文化体験演習」が開講されました。この社会文化体験演習には3つの分野があります。受講生はそれぞれの分野でチームを組んで、国内外の諸地域や諸団体に積極的に出かけ、現地の人びとと関わるなかで、自主的に考え行動する実践力を身につけてきました。

 本シンポシウムでは、受講生にこうした活動の成果を発表してもらうと同時に、高等教育機関において実施される「体験型教育プログラム」の意義についても考えます。


 ※入場無料・事前登録不要
   どなたでも参加できます。


 

日時:

  2014年12月6日(土) 13時30分~16時45分

会場:

  白山キャンパス6号館 2階6204教室

主催:

  東洋大学社会学部社会文化システム学科

お問い合わせ先:

 社会文化システム学科長 三沢伸生
  (03-3945-7711/misawa@toyo.jp

関連リンク

ポスターはこちら [PDFファイル/1.01MB]
※ このイベントに関する詳細はポスターにて確認できます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)