1. トップページ
  2. For Alumni//卒業生の方
  3. 学部・学科
  4. 社会学部
  5. 卒業生の吉田貢太郎さんが読売新聞くらし・教育面に紹介されました
MENU CLOSE

卒業生の吉田貢太郎さんが読売新聞くらし・教育面に紹介されました

  • English
  • 日本語

2014年10月11日の読売新聞くらし・教育面の特集「最前線」に、学食での起業経験者として卒業生の吉田貢太郎さん(2010年3月社会学部社会学科卒)が紹介されました。

就職活動で思うような結果が出せなかった吉田さんは、指導教員だった青木辰司教授に相談し、卒業した10年春に東洋大学の学食に和食店「結(むすび)」を開きました。在学中から農業に関心があったため各地から野菜やお米を取り寄せ、和食中心のヘルシーメニューはメディアで取り上げられるほどの話題に。

その後、農家との交流が縁で長野県箕輪町の振興公社から農作物直売所の経営責任者に誘いを受け、今年1月には長野県に移住しました。現在は直売所の隣にあるレストランの店長も務め「学食は別スタッフに譲ったものの、調理から接客もこなした学食での経験は自分の原点。経験をいかし、地域に親しまれるお店にしたい」と笑顔で語ります。

東洋大学学食「結(むすび)」