1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部
  5. 理工学部の特色ある取り組み
MENU CLOSE

理工学部の特色ある取り組み

  • English
  • 日本語

探究する「理の知」とかたちづくる「工の知」の融合を促進する理工学部。
柔軟な学習システムを採用し、幅広い「学びの場」を提供します。

「学科横断型教育プログラム(副専攻)」で他分野と融合

理工学部では、学部の専門教育で修得した能力を発揮しながら、より発展的理解と他領域における知の相互的理解を図る態度を修得することを目的とし、学科を越えて他の分野と融合的に学べる「学科横断型教育プログラム」(副専攻)を設置しています。副専攻を履修することで、一つの学科で学ぶ知識だけではカバーできない学際的な分野を、目的を持って体系的に見につけることができます。

副専攻には、「バイオ・ナノサイエンス融合コース」「ロボティクスコース」「地域学コース(グローバルスタディーズ)」「地域学コース(防災)」の4つのコースがあります。また、副専攻の特色を明確にするために、将来にわたって大学機関に求められる「Ⅰ国際連携」、「Ⅱ産業界連携」、「Ⅲ行政・地域連携」、「Ⅳ国際社会における今日的最重要課題の解決」の4つのカテゴリーを設定しています。

学科横断型教育プログラム(副専攻)

 理工学部副専攻のコース、カテゴリー、概要

基礎教育科目のサポートを徹底

特色

専門科目へとスムーズに入っていけるように、理工学部では学習の動機付けと基礎学力の徹底を目指し、数学・物理・英語等の基礎科目の学習支援を充実させています。日頃の授業の学習方法の相談や、高校までの学習についてもう一度学びなおしたい時も、経験豊かなスタッフが個別に対応します。
基礎教育連携センター

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)