1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部
  5. 【受賞・表彰】TOEICスコア上位者へ理工学部長賞を授与
MENU CLOSE

【受賞・表彰】TOEICスコア上位者へ理工学部長賞を授与

  • English
  • 日本語

TOEICスコア上位の理工学部生に「理工学部長賞」を授与しました。

平成29年2月9日(木)川越キャンパス4号館にて、理工学部のTOEICテスト成績優秀者8名に対し、理工学部長賞を授与しました。
理工学部では、年度ごとに、TOEIC公開テスト、TOEIC-IPテストにおける成績優秀な学生を表彰しており、今年度は、上位8名の学生が表彰されました。
表彰式では、理工学部長・寺田信幸教授からのお祝いの言葉として「TOEICで700点以上を取得することは、全国的に見ても非常にハイレベルであり、グローバル化を推進する東洋大学理工学部の学生にとって、とても良い刺激になります。今年度も継続して努力を奨励すると共に、理工学部全体の勉学意欲高揚につながることを期待しています」と述べられ、その後、1人ずつ表彰状が手渡されました。
6学科を有する理工学部では、学科ごとのスコア上位者への表彰や、各種資格試験対策講座などを通じて、グローバル人財の育成と国際的視野を持ったエンジニアの育成に取り組んでまいります。

表彰式1   表彰式

受賞者のことば

◆林 遼太朗さん(機械工学科)
英語のゲームを楽しむことで、Reading能力を高めた。また、GCS(グローバルコミュニケーションスペース)に勤務しているネイティブ講師との会話を通じ、Listeningが鍛えられた。趣味を通じ、楽しみながら英語を勉強して、今後は900点台を目指したい。

◆福田 駿さん(建築学科)
TOEICの頻出単語を覚えて、問題を多く解くことが重要だと思う。また、自分の好きな分野のことや趣味などを、何でも英語で調べてみることも良いと思う。

◆山根 拓馬さん(電気電子情報工学科)
海外の映画を観ることでListeningの勉強になった。まず、Listeningから取り組むことはスコアアップに繋がると思う。この先、仕事でも英語力が必要となることは多いと思うので、TOEIC S&WやTOEFLにもチャレンジして、英語を読み、書き、話せるようになりたい。

◆馬場 優佑さん(建築学科)
気になった単語はすぐに調べる習慣をつけることが重要だと思う。点数の落差をなくして、スコアアップを目指したい。

◆和田 諒平さん(電気電子情報工学科)
理工学部の英語科目を大切にして、課題に取り組むことが大切だと思う。その他、英語で書かれたニュースサイトを読んだり、海外の人々とチャットを楽しむことで、英語に触れる時間を増やして、800点を目指したい。

◆阿久津 麻衣さん(建築学科)
速読を意識せず、まずは理解できるよう、丁寧に読むことが大切。今後もスコア向上を目指したい。

◆田沼 友理 さん(応用化学科)
ニュースや論文で日常的に英語に触れることを心掛けている。今後は積極的に海外留学に参加して、TOEIC900点を目指したい。

◆滋野 顕太さん(応用化学科)
電車内など、移動時間も大切にして、TOEIC対策に取り組んできた。公開テスト実施日まで入念に計画を立ててTOEICに臨むことで、今後はLieteningで8~9割を理解して聞く力を付けたい。

―― 皆さんおめでとうございました!

理工学部総合情報学部グローバルコミュニケーションスペース

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)