1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部
  5. 理工学部生体医工学科寺田信幸教授ら研究グループが「キネクト(米マイクロソフト社)」を活用した「側弯症計測システム」を開発
MENU CLOSE

理工学部生体医工学科寺田信幸教授ら研究グループが「キネクト(米マイクロソフト社)」を活用した「側弯症計測システム」を開発

  • English
  • 日本語

本学、理工学部生体医工学科(埼玉県川越市)の寺田信幸教授ら研究グループが3Dカメラ「キネクト(米マイクロソフト社)」を活用した「側弯症計測システム」を開発しました。システムの実用化により、安価にまた短時間で定量的に診断することが出来、症状の早期発見につながり、重症化する患者の数を減らすことができます。
4月1日、本学はこの技術を用いた製品の商品化、製造・販売による技術の普及、拡散と医療貢献を目的とした実施許諾契約書をエーアンドエー株式会社と締結しました。

■研究概要
側弯症は、背骨が曲がってしまう病気で、日本国内の推定患者数は127万人と言われています(発症率は100人に1人程度)。学校保健法で検査項目のひとつとなっており、従来、目視による検査が計測手法として用いられていますが、主観によるばらつきや検査時間が長いなど問題がありました。また、検査手法として用いられているX線利用(背骨の曲がり具合を測定)とモアレ画像法(体の隆起を測定)は被爆や計測装置が高価など、検診、数値化に不向きという問題があります。
側弯症は、早期発見により手術が不要となります。再現性が高く、定量的に計測できる安価で小型軽量な計測システムの開発により、早期発見が可能となり、重症化してしまう患者の数を減らすことができます。本システムに、ジェスチャーなどの認識に利用する米マイクロソフト社の「キネクト」を活用することで、従来の3Dカメラでは100万円以上かかっていた計測が、数万円の費用で実現可能となっただけでなく、操作方法の簡素化、検査時間の短縮が実現し、商品化がしやすくなりました。このたびの実施許諾契約書の締結により、医療機器としての許可取得と製品化、国内標準化、その後の世界展開による医療貢献を実現します。

2014年4月17日日刊工業新聞朝刊に掲載されました。

【側弯症診断システム開発チームメンバー】
東洋大学理工学部生体医工学科  教授  寺田 信幸
順天堂大学医学部整形外科学講座  准教授  米澤 郁穂
日本工業大学機械システム学群創造システム工学科助教  秋元 俊成
エーアンドエー株式会社 取締役会長  田澤 信之

■プレスリリースはこちら [PDFファイル/476KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)