1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部
  5. 【国際交流】理工学部生がTGLプログラム「シルバー」ランクに認定されました
MENU CLOSE

【国際交流】理工学部生がTGLプログラム「シルバー」ランクに認定されました

  • English
  • 日本語

理工学部生がTGLプログラム「シルバー」ランクに認定されました

平成30年1月27日(土)、白山キャンパス125記念ホールにて、「平成29年度 Toyo Global Leaderプログラム TGLシルバー認定式」が挙行されました。今回は理工学部の2名が「シルバー」ランクに認定され、認定証および認定バッジが授与されました。

TGLシルバー認定者 一覧(理工学部)

 井口 すずか(機械工学科3年)

 加藤 翔理(電気電子情報工学科4年)

【インタビュー】

英語の学習方法、今後の抱負を教えてください

(井口) 私は海外の映画鑑賞が趣味で、好きな俳優のセリフを覚えたりすることで英語に親しむことができました。まずは英語が好きになることがとても重要です。
また、TOEIC対策としては、小さなサイズの単語帳を持ち歩き、移動時間なども有効に使うことで語彙力を強化させました。そして、今年度は学内でTOEIC講座も受講し、TOEICの出題形式にも慣れることで大幅にスコア向上が実現しました。現在3年生で、そろそろ就職も意識していますが、語学力を仕事でも活かせるくらいに上達させることが今後の目標です。   

(加藤) 机に向かって問題集などを解くよりは、英語に触れながら知識を増やしていく感覚で学んでいます。例えば、海外ドラマを視聴しながら、知らない単語や言い回しがあればその都度調べています。これでストーリーも深く理解できますし、リスニングやスピーキングの学習にもなるのでおすすめです。今後は、英語力をさらに高めて海外でも活躍できるエンジニアになることが目標です。                                                                                  

理工学部の後輩へアドバイスをお願いします

(井口) 英語の出来る理系女子、というのは、自分のキャリアにおいて大きなアピールポイントになると思います。専門科目、実験などで忙しいと思いますが、英語力も向上させるよう、努力してみてください。 グローバルコミュニケーションスペース(以下GCS)には海外経験の豊富な先2生、先輩が多くいらっしゃいます。留学や語学試験、そして英語科目のことなど、なんでも相談に乗ってくれますので、積極的に活用することをお勧めします。

(加藤) 英語を学習していく上で得られることはとても多いです。英語力が向上することで、洋楽や洋画などの趣味も楽しめるようになりました。英語が話せれば海外に友人も増えます。英語が読めれば専門分野に関する海外の文献も読むことができ、理工学部における専門知識も向上させることが出来ます。ぜひ英語を学んで自分の見聞を広めてください。

TGLプログラムについて

TGLプログラムは、東洋大学生が国内外で活躍できるグローバル人財となるために、「異文化環境における英語運用表現能力」、「文化的な価値創造能力」、「異文化環境における課題解決能力」の3要素を強化することを目的としています。
これらの目的に沿って、「Gold」「Silver」「Bronze」のランクごとに認定要件を定め、各要件を満たした学生をToyo Global Leader として認定します。     

認定要件の詳細、対象活動についての情報などは、ToyoNet-ACE「TOYO GLOBAL DIAMONDS(国際交流情報)」コースを確認してください。(対象ユーザのみ)

TGLプログラムリーフレット  え
TGLプログラムリーフレット

東洋大学理工学部では、GCSの運営や、各種資格試験対策講座などを通じて、グローバル人財の育成と国際的視野を持ったエンジニアの育成に取り組んでまいります。

東洋大学理工学部 グローバルコミュニケーションスペース 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)