1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部
  5. 【受賞・表彰】建築積算士捕試験優秀賞受賞~理工学部建築学科夘木佑佳さん
MENU CLOSE

【受賞・表彰】建築積算士捕試験優秀賞受賞~理工学部建築学科夘木佑佳さん

  • English
  • 日本語

建築積算士捕試験優秀賞を受賞して~建築学科3年夘木佑佳さんインタビュー

夘木佑佳さん

―優秀賞を受賞した今の気持ちとこれからの抱負をお聞かせください。

建築積算士補の資格取得と共に、建築積算士補優秀賞をいただき大変光栄に思っております。今回いただいた賞を励みにこれからも勉学に励んでいきたいと思います。

私は、建築学科に入り在学中に建築関係の資格を取りたいと考えていました。そんな時、建築積算の講義の履修をすることで建築積算士補の資格試験を受験することができると知りました。そこで、この資格を受験しようと決めました。講義を受ける前は建築積算士とはどのようなことをしているのか、どのような役割を果たしているのかなどほとんど知りませんでしたが、講義で知識を身につけていくうちに建築積算は建築物が出来ていく上で重要な役割を果たしていることを学びました。普段、力を入れている設計の授業では使用者や管理者の動線、空間デザインなど主に意匠性など建築そのものしか見えていませんでした。しかし、この資格試験に向けて知識を身につけていくうちに建築とコストの関係は建築の仕事を実現していく際に必ず考えなければならない重要な要素の1つだと改めて認識することができました。建築を学んでいく上で新たな視点から建築と向き合うことができ、とても良い機会に恵まれたと思います。今後も意匠の面だけではなく様々な視点から考えることを意識して知識を深めていきたいと思います。

建築という1つのくくりの中には本当に様々な職種の方々が関わっていて、その要素1つ1つがあるからこそ人々を魅了する1つの建築物が成り立っていることを学びました。今回この資格試験を受けるにあたって得た知識を含め、建築の新しい分野を学び視野を広げていくことで人生の選択肢が増えたと感じています。今、私はどのような道に進んでいくか悩んでいる最中ですが、大学で新しく学んできた数多くの分野を生かし視野を広げながら、常に色々な視点から建築というものを追求し、建築業界そして社会への貢献ができるようスキルアップに励んでいきたいと思っています。

―後輩へのメッセージをお願いします。

建築積算士補の資格取得に向けての講義を通して、これからの建築業界には新たな建設技術の誕生や、新たな建設材料 の普及・多様化に伴い、今よりもさらに建築とコストの関係をクリアにしていくことが重要であると実感しました。それに伴い、この建築積算士補という資格は、今後建築業界に携わるにあたって重要な資格となっていくと思っています。後輩の皆には、自分の興味のある分野はもちろんですが、この資格の分野を含め様々な面から建築を見て、これからも視野を広げて欲しいと思います。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)