1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部
  5. 【官学連携】理工学部建築学科がときがわ町との相互協力及び連携に関する協定を締結しました
MENU CLOSE

【官学連携】理工学部建築学科がときがわ町との相互協力及び連携に関する協定を締結しました

  • English
  • 日本語

理工学部建築学科がときがわ町との相互協力及び連携に関する協定を締結

2017年10月1日、理工学部建築学科は埼玉県ときがわ町と相互協力及び連携に関する協定を締結しました。

本協定の締結目的は、ときがわ町と大学が相互の協力と連携により、地域の活性化、空き家対策並びに移住及び定住の促進に寄与することです。

ときがわ町との連携協定書

連携事項

(1)ときがわ町おためし住宅“まちんなか”(仮称)の改修に伴う基本設計に関すること。

(2)その他両者が協議して必要と認めたこと。

具体的な取組

具体的な取り組みとして、現在以下のプロジェクトを実施しています。

◆ときがわ町と連携したまちづくりプロジェクトの実施

理工学部建築学科では、授業・演習・ゼミの一環で、埼玉県ときがわ町、地域住民の方々、地元企業等と連携したまちづくりとして、「ときがわ町おためし住宅」プロジェクトに取り組んでいます。

「ときがわ町おためし住宅」について

「ときがわ町おためし住宅」とは、ときがわ町に移住・定住を考えている方に、町内での生活や日常を体験していただき、ときがわ町への移住・定住が実現するようサポートするために滞在期間中の一時居住用に宿泊施設を貸し出す取り組みです。

関連ページ

埼玉県ときがわ町

理工学部

理工学部建築学科

ときがわおためし住宅

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)