1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部
  5. 理工学部建築学科が武蔵越生高等学校との教育提携プログラムを実施
MENU CLOSE

理工学部建築学科が武蔵越生高等学校との教育提携プログラムを実施

  • English
  • 日本語

平成29年7月13日(木)、理工学部建築学科による武蔵越生高等学校との教育提携プログラムが実施されました。
今年は、武蔵越生高等学校(理系選抜コース)の生徒40名が川越キャンパスに足を運び、授業を体験。「キャンパス・フロッタージュマップを描いてみよう」と題し、伊藤暁准教授(理工学部建築学科)によるワークショップが展開されました。

生徒たちは5つのグループに分かれ、色鉛筆で凸凹を紙に転写する「フロッタージュ」という手法を使い、東洋大学川越キャンパス内の様々な素材や質感をサンプリング。最後はそれを持ち寄って、フロッタージュをコラージュしたキャンパスマップを作成した後、グループ代表の生徒はプレゼンテーションを実施し、建築家には欠かせない表現力の育成を図りました。

伊藤准教授は「一般の人が気付かないことに気付き、一般の人ができないことがこなすのがプロ。今日の経験を通じて、街で見かけるマンホール、定礎石、表示サインなどに対する見方が変わったと思う。これで、皆さんも建築のプロに一歩近づいたと思います」と、高校生に期待を込めました。
また、参加した生徒からは、「建物に限らず、街にあるもの全てに色々工夫があることを学べた。今まで知らなかった建築学の魅力を知った」「大学のキャンパスには初めて入ったが、広大で驚いた。大学は開かれた場所なので、進路に悩んだらどんどんアプローチして欲しい、という伊藤先生のメッセージが印象的」などの感想をいただきました。  

 
1r
  p2

東洋大学では、進路に対する意識や学習意欲を高めるとともに、本学の教育への理解を深めることを目的として
教育提携プログラムがスタートしました。毎年、各学科がそれぞれの魅力を伝えるべく、工夫を凝らしたプログラムを展開しています。今後も理工学部では、高等学校との積極的な連携を行ってまいります。

東洋大学理工学部 建築学科公式Twitter  東洋大学入試イベントのご案内 武蔵越生高等学校

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)