1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 理工学部
  5. 生体医工学研究センターシンポジウム2016「暑熱ストレス応答の可視化とストレスコーピングの多階層的研究」
MENU CLOSE

生体医工学研究センターシンポジウム2016「暑熱ストレス応答の可視化とストレスコーピングの多階層的研究」

  • English
  • 日本語

東洋大学生体医工学研究センター シンポジウム2016

東洋大学生体医工学研究センターは、「脳科学を基盤としたストレスの可視化によるヘルスサポートシステムの開発」をテーマとし「21世紀型のものづくり」ともいえる「自然やいのちとの調和あるテクノロジー」を生み出すために、融合領域の教育研究活動の拠点形成を目指し、2010年6月に設置され、総合的ストレスマネージメントプログラムとしてのヘルスサポートシステムの構築を目的に、2010年度から研究に取り組んでまいりました。
2016年度より、体制を新たにし、分子生物学、細胞生物学、動物生理学、脳神経科学、循環生理学、熱流体工学、人間工学そして食品科学を専門とする研究者の英知を結集し、科学的な根拠に基づく暑熱ストレスコーピング研究に取り組みます。新体制を記念して、下記シンポジウムを開催いたします。

東洋大学生体医工学研究センター シンポジウム2016
「暑熱ストレス応答の可視化とストレスコーピングの多階層的研究」

日時:2016年5月21日(土)13時30分~
場所:東洋大学川越キャンパス 7号館5階ヘルスサイエンス実験室
      アクセス>> 

主催:東洋大学生体医工学研究センター

事前申込:不要 
参加費:無料

プログラム

13時00分【開場】
13時30分~13時35分 【開会】 開会のご挨拶  生体医工学研究センター長 加藤和則(東洋大学 理工学部 教授 )
13時35分~13時45分 【研究センター概要】 生体医工学研究センター長 加藤和則
13時45分~14時45分 【特別講演】
「メタボローム解析技術を用いた生体内代謝物の一斉分析 
~疾患マーカー探索から食品の品質評価まで~」
慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任准教授 杉本昌弘氏
14時45分~15時00分 【コーヒーブレイク】
15時00分~15時30分 【シンポジウム講演1】
「血管内皮細胞の代謝メカニズムと暑熱ストレス
~細胞代謝学から熱中症を科学しその対策を考える~」
東洋大学 理工学部 教授  加藤和則
15時30分~16時00分 【シンポジウム講演2】
「板倉キャンパスにおける暑熱ストレス/ストレスコーピング研究計画
~板倉町・明和町との地域連携への展開~」
東洋大学 生命科学部 教授  川口英夫
16時00分~16時05分 【閉会】 閉会のご挨拶 生体医工学研究副センター長 児島伸彦(東洋大学生命科学部 教授)

講演概要


【特別講演】
「メタボローム解析技術を用いた生体内代謝物の一斉分析~疾患マーカー探索から食品の品質評価まで~」
慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任准教授 杉本昌弘氏

メタボローム解析とは、代謝物を網羅的に定量する方法である。しかし現実的には性質が大きく異なる分子郡を対象とするため、1つの方法論で全ての分子を測定することはできず、測定範囲を広げる工夫や異なる方法の組み合わせが必要となる。ここでは、我々が取り組んできた質量分析装置と様々な分離装置を組み合わせて実施してきた、代謝疾患の分子マーカー探索や、食品や飲料の品質評価などを紹介する。

【シンポジウム講演1】
「血管内皮細胞の代謝メカニズムと暑熱ストレス~細胞代謝学から熱中症を科学しその対策を考える~」
東洋大学 理工学部 教授  加藤和則

熱中症予防対策には、熱中症発症の危険要因を熟知するとともに,疾病の症状や病態を理解し、身体の内側で起こっている暑熱負荷を効果的に軽減する方策を考えることが必要である。特に暑熱ストレスは血管内皮細胞の機能障害を引き起こしやすいことから、(1)暑熱ストレス暴露による血管機能を非侵襲的に測定できる血管機能評価系の構築や、(2)細胞代謝学的見知から水分とイオン補給対策以外の血管機能維持に重要な栄養成分の探索研究が重要であると考えられる。本シンポジウムでは血管の暑熱ストレス応答について概説する。

【シンポジウム講演2】
「板倉キャンパスにおける暑熱ストレス/ストレスコーピング研究計画~板倉町・明和町との地域連携への展開~」
東洋大学 生命科学部 教授  川口英夫

板倉キャンパスでは、暑熱ストレス/ストレスコーピング研究として、動物(マウス)を用いた実験を中心とした計画を立案中である。主に、暑熱ストレスによる自律神経系への影響、行動レベルで見た認知機能障害との関係等々を検討する。さらに、これらの検討を基にストレスコーピング方法の検討を試みる予定である。
また、暑熱ストレス/ストレスコーピング研究は、将来はヒトにとって有効である必要がある。そこで、板倉キャンパスが日本全国でも有数の暑熱地域である館林地域に位置することを鑑み、地元自治体やコミュニティと共同で研究を進められる様に、主にラポールの形成を目的とした地域連携事業を実施中である。この事業の実績や今後の展開も併せてご紹介したい。

お問い合わせ先

東洋大学生体医工学研究センター 
電話 049-239-1943
E-mail bme@toyo.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)