1. トップページ
  2. Social Partnership//社会連携
  3. こもれびの森・里山支援隊
  4. 【こもれびの森・里山支援隊】2018年6月2日(土)2018環境月間イベント「つるがしま市民環境まつり」出展報告
MENU CLOSE

【こもれびの森・里山支援隊】2018年6月2日(土)2018環境月間イベント「つるがしま市民環境まつり」出展報告

  • English
  • 日本語

川越キャンパスマスコットキャラクター「こもれビー」と鶴ヶ島市イメージキャラクター「つるゴン」が初共演

こもれびの森・里山支援隊のマーク
東洋大学川越キャンパスは川越市にありますが、最寄り駅は鶴ヶ島駅で両市の境界にあります。本学と鶴ヶ島市は、2014年7月28日に教育・文化等の分野において、地域社会の発展と人材育成に寄与することを目的とする「鶴ヶ島市との相互連携協力に関する基本協定」を結んでいます。
東洋大学川越キャンパスこもれびの森・里山支援隊では、2018年6月2日(土)10時00分から14時00分まで鶴ヶ島市役所で開催された「つるがしま市民環境まつり」に出展しました。
新しくなったポスターとパンフレットのほかに、川越キャンパスのマスコットキャラクター「こもれビー」のクラフトが作れるはがきとシンボルマークのシールの配布、通学路の安全確保のために捕獲した5種類のスズメバチの標本と説明、伐採木で製作したまな板や延べ棒、シンボルマークの入った看板、キャンパス内の樹木にくくりつけている樹名板、森林整備施業の際に使用しているヘルメットとチェーンソーなどを展示しました。
イベントには約300人が来場し、ブースには鶴ヶ島市長もお越しいただきました。また、家族連れや東洋大学の卒業生や元甫水会(保護者会)の方も来られ、活動に関心を持っていただけました。
今回のイベントでは、「こもれビー」と鶴ヶ島市イメージキャラクター「つるゴン」が初めて共演し、人気を集めました。

出展の様子

会場全体の様子
会場全体の様子
こもれビー(左)とつるゴン(右)
こもれビー(左)とつるゴン(右)
鶴ヶ島市長に説明
鶴ヶ島市長に説明
親子での来場も多くありました
親子での来場も多くありました
捕獲器で捕獲したスズメバチを標本にして展示しました。5種類のスズメバチの中でもヒメスズメバチは貴重です。
捕獲器で捕獲したスズメバチを標本にして展示しました。5種類のスズメバチの中でもヒメスズメバチは貴重です。

ソーシャルメディアのご案内

こもれびの森・里山支援隊のソーシャルメディアとして、作業結果をいち早くお伝えするFacebookページと当日の中止連絡等、緊急連絡やページの更新を伝えるTwitterアカウントがありますので、ぜひご覧ください。

今後の活動予定

活動スケジュールをご覧ください。