1. トップページ
  2. Social Partnership//社会連携
  3. こもれびの森・里山支援隊
  4. 【こもれびの森・里山支援隊】2018年6月9日(土)チェーンソー講習会(既参加者対象)のご案内
MENU CLOSE

【こもれびの森・里山支援隊】2018年6月9日(土)チェーンソー講習会(既参加者対象)のご案内

  • English
  • 日本語

作業技術・安全技術の向上を目的とした研修

こもれびの森・里山支援隊のマーク
東洋大学川越キャンパスこもれびの森・里山支援隊では、里山林保全活動に加えて、構成員並びに参加者の作業技術・安全技術の向上を目的とした研修を行っております。通常の作業では、主に手鋸や剪定鋏を用いていますが、チェーンソー講習を行うことによって機械による作業を習得してもらい、大径木などを伐採できる人材を増やして、4000本近くある樹木を適切に管理できるようにしたいと考えております。
年に1回の研修となりますので、この機会にぜひご参加ください。

なお、今回の研修は、これまでに本会の里山林保全活動(森林整備施業)に参加したことのある方で、かつ高校生以上の方のみを対象とします。参加を希望される方は、開催日前週の週末6月3日(日)までにご連絡ください。

実施要項

実施日時:2018年6月9日(土)8時30分集合-16時00分終了(片付け時間は別途)
集合時間・場所:8時30分、東洋大学川越キャンパス4号館前
実施場所:福利厚生棟(集合後会場まで移動します。)
活動内容:9時00分-14時00分(途中昼休みを取ります)は座学(チェーンソーの構造、メンテナンス、服装、伐木作業の方法など)、14時00分-16時00分は実技(操作、伐木作業など)
対象:本学専任教職員・学生、市民等(高校生以上とさせていただきます)
*今回は、これまでに本会の里山林保全活動(森林整備施業)に参加したことのある方のみを対象とさせていただきます。
定員:15名(先着順)
経費:無料
用意するもの:
1.森林内の作業に適した身支度(長袖、長ズボン、靴(長靴、安全靴、運動靴)、手袋(作業用革手袋、軍手))
2.ベルト(手鋸や剪定鋏を通して身につけます)、ホイッスル(安全確認のために使用することがあります)、手ぬぐい・バンダナ(ヘルメットの下に身に付けます)
3.タオル・マスクなどその他活動に必要なもの、飲み物(水分補給のため必ず持参のこと)、昼食(授業期間中の土曜日は、学内の食堂・売店が昼休みに営業しています。)
4.貸出できますが、あれば自前の道具・器具(ヘルメット、耳栓、保護メガネなど)

参加連絡・問い合わせ先

参加希望の方は、参加希望の行事名とともに
1.お名前
2.住所(市区町村)
3.電話番号
4.性別
5.生年月日
6.(東洋大学の学生のみ)学部・学科・学年
をおしらせください。

こもれびの森・里山支援隊 代表 小瀬博之(こせひろゆき)
mlkomorebistf@toyo.jp
(スタッフのメーリングリストとなっています。)

*準備の都合上、開催日前週の週末(今回は6月3日日曜日)までにご連絡ください。
*参加希望者が15名を超えた場合は、参加をご遠慮いただく場合がございます。
*今回は終日参加が必要です。
*今回は研修のため、構成員の方にも謝金はお支払いしません。

実施の有無の判断

今回は雨天でも実施します。屋外での実習は、雨の場合は屋根の下での実施となります。天気などの状況は、6時30分までにTwitterアカウントでお知らせします。

ソーシャルメディアのご案内

こもれびの森・里山支援隊のソーシャルメディアとして、作業結果をいち早くお伝えするFacebookページと当日の中止連絡等、緊急連絡やページの更新を伝えるTwitterアカウントがありますので、ぜひご覧ください。