MENU CLOSE

はじめに

  • English
  • 日本語

はじめに

東洋大学は「哲学館」として1887年(明治20年)に設立されました.この時代の日本は,文明開化の真最中でありましたので,創設者 井上円了は建学の基本姿勢として,次のことを定めました。

  • 真の文明開化をするためには,あらゆる学問の基礎に哲学をおかねばならないこと。
  • 学を志す者は如何なる者でも,教育を受けることができるようにすること。

このように東洋大学は,創立以来,常に民衆の中に「開かれた大学」であることを願ってきました。

1961年(昭和36年)このような流れの中で工学部が創設され,設立の趣旨も開かれた大学として「産学協同」を重要な柱としています。

この趣旨に従い,工学部創設と同時に工業技術研究会が設置され,産学協同事業の窓口として業務を開始しました。1975年(昭和50年)にはこの会を発展させて現在の「工業技術研究所」が設立されました。

設立時以来,研究所の構成メンバーの大部分は工学部の教員でしたが,1997年(平成9年)に生命科学部が創設されたことに伴い同学部の生命科学科の教員をメンバーとして迎え入れ,2002年(平成14年)7月には学内の研究組織の改革によりさらに法学部や社会学部の教員をメンバーに迎え入れ,研究所の研究分野は大きく広がりました。

当研究所は,工業技術に関する学内研究を振興しつつ,学外との交流を通じて相互の向上発展をはかることを目的としています。この目的にそって,産業界と大学との間に立って産学協同を円滑に進めることが大切な使命であると考えています。

当ホームページは、当研究所の活動内容と学内研究員の具体的な研究活動の内容を紹介しております。研究員との共同研究、委託研究・実験・試験、技術相談など大学と連携した活動をお考えの企業の皆様の手引きとしてご活用下されば幸いです。