1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 工業技術研究所
  5. 工業技術研究所が「講演会・研究発表会」を開催しました
MENU CLOSE

工業技術研究所が「講演会・研究発表会」を開催しました

  • English
  • 日本語

2016年2月17日(水)、川越キャンパス4号館にて、工業技術研究所が「講演会」並びに「研究発表会」を開催しました。 

講演会に先駆けて開催された「研究発表会」では、工業技術研究所の研究員・学生による研究成果を、8テーマのショートプレゼンテーションと、40テーマのポスターセッションにより、研究成果の活用を検討されている企業の皆様や一般の皆様等、幅広い方々に向けて展示・公開しました。

ショートプレゼンテーションでは、「魚の逃避行動観察」や「リンゴの袋掛けと強風落下との関係」といった比較的身近なテーマから、「脳血液量変化を利用したYes/No意思伝達方法」や「パルス制御直流駆動によるペルチェ素子の冷却効率の向上」といった専門性の高いテーマまで、幅広い研究内容・成果が発表され、聴講者との間で積極的な意見交換・質疑応答が行なわれました。

研究発表会風景①  研究発表会風景②

「講演会」では、第1部で本学ライフデザイン学部・人間環境デザイン学科の繁成剛教授による「デザインから見た車椅子の歴史と最近の潮流」と題した講演を、その後の第2部では、株式会社オーエックスエンジニアリング・代表取締役副社長の山口高司氏による「競技用車椅子の現状と東京パラリンピックに向けた取り組み」と題した講演を行いました。

会場では、株式会社オーエックスエンジニアリングの開発した様々な種類の競技用車椅子も展示され、参加者からは「車椅子の歴史、様々な種類があることがわかりました。」、「パラリンピックの見方が変わった。完成までの苦労を知ることができた。」、「競技用車椅子製作には様々な技術が取り入れられていることを初めて知りました。」といった感想等が聞かれました。 

講演会・会場風景  繁成先生・講演風景  競技用車椅子・展示風景 

また、今回のイベントは、飯能信用金庫との共催による「はんしん産学連携セミナーin東洋大学工業技術研究所」としても開催されたことから、講演会冒頭には飯能信用金庫の清永道也専務理事(写真左)より、今後の産学金連携の活性化に期待するご挨拶をいただくとともに、講演会終了後に、講演会の講師等を囲んで開催された「技術懇話会」においては、本学研究者と参加者の皆様による活発な意見・情報交換等が行われました。

飯能信用金庫・代表者挨拶風景  技術懇話会風景

工業技術研究所では、今後も様々な形で企業や地域の皆様へ本学研究情報等の発信を行ってまいります。

(参考)研究発表会:案内 [PDFファイル/942KB]

(参考)講演会:案内 [その他のファイル/89KB]

工業技術研究所

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)