1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 国際地域学部の特色ある取り組み
国際地域学部トップリスト リスト

国際地域学部の特色ある取り組み

  • English
  • 日本語

The

国際地域学部では、
世界を舞台に地域および観光業の活性化を目指すとともに、
即戦力となるべく、より実践的なスキルの養成のために
さまざまな取り組みを実施しています。

現場主義で実践力を養う「フィールドスタディ」

国際地域学部では、「フィールド=現場」を重視しています。実際に現地に赴いて現場を学ぶ「フィールドスタディ」や「インターンシップ」がその代表的な取り組みです。アジアやヨーロッパへ赴き、現地の大学と提携して町歩きやインタビューを実践し、最後に英語でプレゼンを行う研修では、語学能力およびコミュニケーション能力を飛躍的に向上させます。

また、バンコクのチュラロンコン大学で地域の問題を学ぶ春季2週間コース、韓南大学で韓国の文化と歴史、社会問題を学ぶ夏季2週間コース、同じくフィリピンのサウスウエスタン大学で英語を中心に学ぶ夏季4週間コースなど、学部独自の海外研修も実施しています。ゼミ単位でも、ヨーロッパやアジアの各地を訪れます。

「フィールドスタディ」の詳細ページ

臨場感溢れる生の声で語っていただく「大使リレー講義」

専門的な英語教育

各国大使を招き、歴史や環境、外交政策等を、臨場感溢れる生の声で語っていただく「大使リレー講義」を国際地域学部では行っています。国際情勢、地域経済、文化等を、その国の大使から聞くことができるため、学生からも好評を得ています。また、国際地域学部では、単に語学を学ぶだけでなく、英語で様々な知識を身につける取り組みを行っており、全て英語で行われるこの講義は、国際社会への関心を持つきっかけとして大きい期待をもって実施しています。

「大使リレー講義」の詳細ページ

専門的な英語教育

専門的な英語教育

国際地域学部では、英語でのコミュニケーション能力向上を目的に設置された ECZ(English Community Zone) があります。日本語は一切禁止、使えるのは英語のみというこの部屋には、ネイティブの教員や英語を身につけたい学生が集まり、楽しい会話が繰り広げられます。英語放送の流れるテレビや英語の教材、DVDなどもそろい、英語学習の環境が整っています。国際地域学科国際地域専攻では、英語能力を高めようとする学生を支援するために2010年度より ESP(English Special Program for Regional Development Studies) を開始しました。専門科目の授業を英語で受けることで、とことん英語を体に染み込ませるプログラムです。また、英語による講義だけではなく、Eczでのさまざまな活動、海外交換留学生との交流活動などを行います。

ECZ(English Community Zone)の詳細ページ

ESP(English Special Program for Regional Development Studies)の詳細ページ

多彩な語学教育

多彩かつ専門的な語学教育

異文化コミュニケーションのために必須のスキルとなる語学力。国際地域学部では、文化・歴史も視野に入れた幅広い外国語教育に力を入れています。英語をはじめとして、中国語、ハングル、フランス語、スペイン語、ドイツ語、タイ語を学ぶことができます。

「多彩な語学教育」の詳細ページ