1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 国際地域学部の教育方針(ポリシー)
国際地域学部トップリスト リスト

国際地域学部の教育方針(ポリシー)

  • English
  • 日本語

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 国内外を問わず積極的に持続可能な地域づくりや観光開発に関わり、「地域」を活性化し創造的に発展させていく「国際的な視野を持つ職業人」の養成を教育目標として掲げています。卒業するまでに、世界につながるコミュニケーション能力、社会の仕組みを理解しつつ持続可能な地域づくりや観光開発を担う実践的な能力、そして広い視野を持ちつつ身近な行動を積極的に実行していく能力を身につけることを求めています。

国際地域学科国際地域専攻3つのポリシー
国際地域学科地域総合専攻(イブニングコース)3つのポリシー
国際観光学科3つのポリシー

国際地域学科国際地域専攻3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

 環境・貧困・雇用・人権問題に現れているように、自然・社会・経済・政治など様々な分野での地球化と地域化が同時進行する中で、これまでとは全く異なる都市づくり、地域づくり、環境づくりなどに、地域(コミュニティ)から解決策へとアプローチすることは大きな可能性を有しています。地球規模の視点で問題をとらえローカルな場で具体的に行動する、いわゆる、Think globally, Act locallyという哲学のもとに、地域社会におけるさまざまな現象を幅広い視点でとらえ、「現場主義」にたち、さまざまな人々とのコミュニケーションの中から解決策を探っていく人間力が求められます。
このようなことから、国際地域学科国際地域専攻では

(1)国際社会を舞台に活躍できるような知識、実践的な語学能力、コミュニケーション能力の修得を
   志す学生 
(2)地域の諸問題に対して広い視野から客観的に把握・分析する能力を修得し、現場において具体的な行動
   として実践していく意欲のある学生

が教員と一緒になって相互に学び成長していくことを期待しています。
受験生に期待されるのは、①地域社会におけるさまざまな問題へ関心を持っていること、②自身がもつ知識や経験を積極的に活用して社会に貢献しようとする意欲、③他者と積極的にコミュニケーションを図りながら異なる文化を持つ人々とともに働くことへの意欲です。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教育目標を実現するために、以下の方針でカリキュラムを組み立てています。

(1)国内外の地域づくりに関わる人文社会科学、環境科学の広範な学問領域から幅広い知識を習得できるよ
   うにするとともに、「国際コース」、「地域コース」、「環境コース」の3つの履修モデルにより専門
   性も高めます。
(2)外国語教育を強化し、さまざまな分野の専門科目を英語で実施することで実践的かつ高度な英語力が
   身につくようにしま す。また、集中的な英語学習を支援する英語特別プログラム(Esp)、学内外の
   人々が英語で自由に集うイングリッシュコミュニティゾーンの活用を通して、英語による専門性を重視
   したコミュニケーション能力の向上を目指します。
(3)「現場主義」を掲げ、フィールドスタディやインターンシップ科目などにより現場・実務体験を充実さ
   せるとともに、1年次から少人数のゼミでの各個人の目標や個性を重視した実践的な学習を行います。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 国の内外において、環境との調和を図りながら地域の特性を活かした「地域づくり」を行うための知識と、現場においてそれを実施する実行力を有した人材の育成を教育目標として掲げています。卒業するまでに、異文化コミュニケーション能力を十分に身につけ、地球規模の視点で問題をとらえ、ローカルな場で行動できる能力を培うこと求めています。

国際地域学科地域総合専攻(イブニングコース)3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

 環境・貧困・雇用・人権問題に現れているように、自然・社会・経済・政治など様々な分野での地球化と地域化が同時進行する中で、これまでとは全く異なる都市づくり、地域づくり、環境づくりなどに、地域(コミュニティ)から解決策へとアプローチすることは大きな可能性を有しています。地球規模の視点で問題をとらえローカルな場で具体的に行動する、いわゆる、Think globally, Act locallyという哲学のもとに、地域社会におけるさまざまな現象を幅広い視点でとらえ、「現場主義」にたち、さまざまな人々とのコミュニケーションの中から解決策を探っていく人間力が求められます。
 このようなことから、国際地域学部地域総合専攻(イブニングコース)では、観光振興も含めた地域の諸問題に対して広い視野から客観的に把握・分析する能力を修得し、現場において具体的な行動として実践していく意欲のある学生が教員と一緒になって相互に学び成長していくことを期待しています。
 受験生に期待されるのは、①地域社会で起こっているさまざまな問題へ関心を持っていること、②自身がもつ知識や経験を積極的に活用して社会に貢献しようとする意欲、③他者と積極的にコミュニケーションを図りながらさまざまな人々とともに働くことへの意欲です。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 観光振興を含めた「地域づくり」を行うための知識と実行力を有した人材の育成という教育目標を実現するために、以下の方針でカリキュラム(教育課程)を組み立てています。

(1)地域づくりに関わる人文社会科学、環境科学の広範な学問領域から幅広い知識を習得できるようにする   
   とともに、「国際」、「地域」、「環境」の3つ分野を軸として専門性を高めます。
(2)地域づくりの重要な要素である観光振興に関わる専門科目群を提供しています。
(3)外国語教育を強化し、英語による専門性を重視したコミュニケーション能力の向上を目指します。
(4)「現場主義」を掲げ、フィールドスタディやインターンシップ科目などにより現場・実務体験の充実を
   図っています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 観光振興を含めた地域の特性を活かした「地域づくり」を行うための知識と、現場においてそれを実施する実行力を有した人材の育成を教育目標として掲げています。卒業するまでに、異文化コミュニケーション能力を十分に身につけ、地球規模の視点で問題をとらえ、ローカルな場で行動できる能力を培うこと求めています。

国際観光学科3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

国際観光学科では、国際的視野に立った「観光振興」を通じて、組織・地域の創造的活性化に寄与する人材の輩出をミッションとしており、その効果的、効率的達成のために求める入学者像は下記の4項目です。

(1)観光交流の拡大のために、国際的な視野から観光をとらえる視点を持っている人
(2)理論と実践両面の修学に自主的・積極的に取り組むことのできる人
(3)文化、環境、語学など観光と密接に関わる分野にも興味を持ち、幅広い知見の獲得に
   意欲的に取り組む人
(4)他者や周囲の環境に配慮しながら、全体をマネジメントできる資質を持つ人

これらミッション達成のために、入学者の有する資質として期待するものは、次のものです。

(1)コミュニケーション、仕事遂行などの本質的基礎である語学能力
(2)社会現象に関する理解と深い洞察に関連する能力
(3)論理的な思考に関連する能力
(4)上記の基礎学力を用いながら効果的、効率的な業務遂行へとつなげる行動特性(コンピテンシー)

 AO型推薦などの推薦入学試験では(4)について重視する一方、一般入学試験では(1)~(3)を重視して選抜を行うものとします。最終的には、入学後における多様な人材間の相互作用、カリキュラム・ポリシーに沿った修学の進行にともない、より広範な視点、興味、高いコンピテンシーを有する人材輩出を達成することを目標としています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 観光学が学際的な学問分野であることを踏まえ、「ツーリズム・マネジメント」「ホスピタリティ・マネジメント」「レジャー&リゾート・マネジメント」の3種類の専攻領域をクロスオーバーさせて、多様なニーズや不断の変化に対応することができるようにしています。
 また、理論と実務を融合させた教育・研究を複眼的な視点から行うことができるように、旅行業・航空業・鉄道業等の運輸業を対象にした旅行産業、主にレストラン業・ホテル業を対象にしたホスピタリティ産業、観光地やリゾートの計画・整備・環境保全、観光政策やイベントの企画・調整、観光に関する教養知識等の各種科目について学習するカリキュラムを組み立て、観光学の理論的な体系を踏まえた専門的かつ多様な知識や技術を習得することができるようにしています。
※平成24年度に予定されるカリキュラム改訂を包括しています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 余暇活動や産業の一環である「観光」をリードしていくことができる優れた人材の育成を教育・研究の目標として掲げています。卒業認定や学位授与に当たっては、観光学に関する専門的な知識や技術、幅広い国際的な知識や教養、即戦力となる実務能力や語学力の習得を求めています。