1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 〔留学だより〕アメリカ・テネシー大学チャタヌーガ校

〔留学だより〕アメリカ・テネシー大学チャタヌーガ校

  • English
  • 日本語

テネシー大学チャタヌーガ校(アメリカ)に留学中

星野梨香さん(国際地域学科 3年)


私が現在留学しているテネシー大学チャタヌーガ校は、アメリカ南に位置するテネシー州の郊外にあります。小さな町ながら、テネシー川をまたぐ大きな橋を歩き、子供たちであふれる公園で寝ころがり、小さなアイスクリーム屋さんで一休みし、夜はかわいいカフェでお勉強できる、愛着の湧く場所です。
学校のキャンパスは小さく、寮から最短徒歩5分で着いてしまいます。驚いたのは、アジアからの人が極めて少なく、日本人は私一人しかいないことです。そのため日本語を学びたい学生の間で有名になれます。

ルームメイトは私を含めて4人おり、それぞれ中国、スペイン、アメリカから来ています。個別の部屋が用意されていますが、リビングに集まるとその日の出来事を語り合ったり、映画を見たり、Wiiのマリオカートをしてはしゃいでいます。
私たち留学生グループは仲が良く、ディナーや買い物、旅行やイベントに一緒に参加し、先日はスキーへ行ってきました。
3月初めの一週間のスプリングブレイクでは、フロリダのビーチへ行きます。ドイツやフランスなどヨーロッパの国々をはじめ、イランやチェコ共和国、ウルグアイなど初めて出会う国の個性豊かなメンバーで楽しく過ごしています。

授業は文化人類学、文化地理学を中心に受講しています。
現在アジア地理学を受講中ですが、海外視点から見た日本というのはかなり面白いです。例えば、お花見の写真を見せても、稲田の写真を見せても、どこへ行ってもブルーシートがあることが面白いらしく、しまいにはなぜそれが青いのか質問されましたが、私も考えたことはありませんでした。ただ、焼き鳥やお寿司、たこ焼きなど日本食の写真には、アメリカの学生陣も大変興味深く眺めていました。
その次におもしろい授業は、発音のクラスです。日本語のアクセントの影響を少しでも直そうと思い受講したクラスですが、なかなかうまくいきません。アメリカ人に混ざって一人外国人の私を、先生は「ミスジャパン」と呼びます。クラスメイトも優しく応援してくれます。つい先日中間テストがあり、2分間スピーチを発表しました。準備したノートを見てはいけないと直前に言われ、焦りましたが、無事終えた際には、みんなで拍手喝采してくれました。

不安と悩みでいっぱいだった私ですが、自分でも驚くほど多くのお友達ができました。ただ英語に関しては、もっともっと上へという思いが尽きず、課題がまだ多く残る中、期間はあと2ヶ月しかありません。春学期も後半を迎え、時間のたつ早さに驚かされますが、焦らず、無理をしすぎず、楽しみながら、自分らしく最後まで頑張りたいと思います。

国際地域学科3年 星野梨香
(留学期間:2012年8月~2013年5月 テネシー大学チャタヌーガ校)


【学生の声】トップへ