1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. Colorful Language Education at the Faculty of Regional Development Studies//国際地域学部の多彩な語学教育

Colorful Language Education at the Faculty of Regional Development Studies//国際地域学部の多彩な語学教育

  • English
  • 日本語

At the Department of Regional Development Studies, we focus on improving the basis of activities in foreign countries "different culture communication". In addition to substantial language education, we host various events and training to provide a wind range of opportunities to "listen, speak and write".

Colorful Language Subjects

Language education with the view on culture and history. In addition to English of substantiality, French, Chinese, German, Thai, Spanish, and Korean can be learnt.

Special Subjects in English

When it comes to domestic and international "development of local community", the close communication with residents in the area is desired. Today, an ability to tell your specialized area in English is needed in the country as well as an oversea. This lecture aims to improve the ability and increase the ability to think and announce in English.

At the Faculty of Regional Development Studies, in fiscal year 2015, about 30 subjects of lecture were conducted in English. To obtain the technical knowledge in English, the lecture contents vary from economics, sociology and to ecology.

Furthermore, by collaborating with the Department of Regional Development Studies, we have unique events, lectures and training as follows. Many students participate in order to improve different cultural communication ability.

Foreign Language Speech Contest

Faculty of Regional Development Studies encourages learning of foreign language, and we host a speech contest every year to provide the place where an outcome of learning is announced. Students decide the themes practice while getting teacher's advice. By speech contest participation, the improvement of language ability, the ability to speak effectively in public, and the ability to speak your own opinion as globally competent human resources. Many students and teachers attend the contest, and it is a unique event Faculty of Regional Development Studies.

English Speech Contest

Chinese Speech Contest

Japanese Speech Contest by Overseas Students

English Special Course (ESP)

At the Department of Regional Development Studies, we have been increasing not only the English subjects, but also specialized lectures in English, in order to assist students would like to work in an international society. English Special Program for Regional Development Studies (ESP) has been conducted since autumn 2009.

About ESP minor.

What is ESP?

Out of those who participate in this program, some will be granted a certificate to state they are competent for: taking classes in English more than a fixed number, putting results of a regulation back by English capacity test, participating in the training performed in English overseas, and announcing a graduation thesis in English.

When participating in a program, what kind of merit is there?

An ESP adviser is assigned to each participant from the Department full-time teacher apart from a teacher of a seminar. Course taking consultation is put into effect periodically. Information on lectures run in English, various activities in English community zone, information offered to exchange activity with exchange overseas students of foreign countries. Students with high English ability can participate after the Department admission.

Halloween party

Halloween party

Halloween party

Halloween party

Welcome party of exchange overseas students

Welcome party for exchange overseas students

Welcome party of exchange overseas students

Welcome party for exchange overseas students

ESP establishment commemoration conversazione

ESP establishment commemoration conversazione

ESP establishment commemoration conversazione

ESP establishment commemoration conversazione

国際地域学科では、海外での活動の基礎となる「異文化コミュニケーション」の能力向上に力を注いでいます。充実した語学教育に加え、さまざまなイベントや研修を通じて「聞く・話す・書く」といった実践の機会を豊富に設けています。

多彩な語学開講科目

文化・歴史も視野に入れた幅広い外国語教育。充実の英語をはじめとして、フランス語、中国語、ドイツ語、タイ語、スペイン語、ハングルを学べます。

英語による専門科目

国内外の「地域づくり」に関わるにあたっては、地域の住民との密接なコミュニケーションが求められます。そして、国外に限らず、国内においても、自分の専門を英語で伝える能力が求められる時代になりました。そのための能力向上を目指す学生を対象とする講義です。英語で考え発表する能力を伸ばしていくことを目指します。

国際地域学部では、2015年度には、約30科目の講義が英語で開講されています。専門的な知識を英語で運用する力をつけるため、講義の内容は、経済学や社会学、環境学など幅広い分野にわたります。

さらに国際地域学科では、国際観光学科と合同で、次のようなユニークなイベント、講義、研修を実施しています。異文化コミュニケーション能力をさらに高めようと、多くの学生が参加しています。

 

外国語スピーチコンテスト

学生の外国語学習を奨励する国際地域学部では、学習の成果を発表する場として毎年スピーチコンテストを開催しています。学生自身がそれぞれのテーマを決めて、教員のアドバイスを受けながら練習を重ねて大会に臨みます。
スピーチコンテスト参加により、語学力の向上だけではなく、グローバル人材として必要な人前で効果的に話すスキルや、自分の考えや意見を述べる情報発信力の習得が期待されます。またコンテスト当日は多くの学生や教員が観覧し、国際地域学部ならではのイベントとなっています。

英語スピーチコンテスト

中国語スピーチコンテスト

留学生による日本語弁論大会

英語特別コース(ESP)

国際地域学科では、国際社会での活躍を目指す皆さんのために、英語そのものの授業だけでなく、専門科目を英語で教える授業を増やしてきました。
そして2009年秋より、英語力を高めようとする皆さんを支援するために、English Special Program for Regional Development Studies (ESP)を開始しています。

ESP副専攻についてはこちら

ESPとは何か?

本プログラムに参加している学生のうち、英語により実施されている授業を一定数以上履修すること、英語能力試験で規程の成績を収めること、海外で英語で行われている研修等に参加すること、卒業論文を英語で発表すること、などの認定要件を満たした学生に対してプログラムの修了を卒業時に認定し、卒業証書とは別にプログラム修了書を交付します。

プログラムに参加した場合にどんなメリットがあるの?

参加している学生には、ゼミの教員とは別に学科専任教員の中からESPアドバイザーが割り当てられ、履修相談などを定期的に実施します。また、英語による講義の情報や、English community zoneでのさまざまな活動、海外交換留学生との交流活動など、さまざまな情報が提供されます。
なお、本学科入学後に一定程度の英語能力を有する学生が参加できます。

ハロウィンパーティー

ハロウィンパーティー

ハロウィンパーティー

ハロウィンパーティー

交換留学生の歓迎会

交換留学生の歓迎会

交換留学生の歓迎会

交換留学生の歓迎会

ESP開設記念懇談会

Esp開設記念懇談会

ESP開設記念懇談会

Esp開設記念懇談会