1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 〔特色ある授業〕特別講義「アイメイト(盲導犬)を知ろう」が行われました
MENU CLOSE

〔特色ある授業〕特別講義「アイメイト(盲導犬)を知ろう」が行われました

  • English
  • 日本語

 国際地域学科(留学生日本語)と国際観光学科(観光基礎演習)合同で、2015年7月14日(火)3時限に「アイメイトを知ろう!特別講座」を開催しました。

アイメイトを知ろう1

 はじめに、公益財団法人アイメイト協会代表理事の塩屋さんより、アイメイト(盲導犬)に関する基礎知識と、訓練の様子について講演をしていただきました。犬に動作を教える方法について、講演の終盤で塩屋さんが実際にアイメイトを座らせたりするのを見て学生たちはびっくり!何に驚いたかというと、それまでそこにアイメイトが控えていたことに気づかないほど、静かだったからです。「最初からそこに居たの!?」とどよめきが起こりました。続いて質疑応答。学生たちから、アイメイトに関する事柄や、日本で障がい者が交通機関を利用する際の問題などについて、次々と質問の手が挙がりました。

 最後に、15人の希望者が実際にアイメイトと歩いてみました。まず、インストラクターの塩山さんより、ハーネスの持ち方や歩く際のコツを教わり、スタートします。目隠しをすると、普通の速度でも意外と速く感じるもの。アイメイトとの信頼関係がいかに大事か、身をもって体験しました。体験が終わった友人に感想を聞いたり、協会のお二人にさらに質問したりと、興味深い特別授業となりました。

日本でたびたび目にする盲導犬ですが、海外には盲導犬のいない国もあります。留学生とともに改めてアイメイトについて学び、実際にハーネスを手に歩いてみることで、新たな気づきが生まれ、いま自分達に何ができるのか、一人一人考えさせられるきっかけとなりました。今後、学生たちが観光振興や、より良いまちづくりについて考えていく上で、この体験が生かされることを願っています。

アイメイトを知ろう2  アイメイトを知ろう3

国際観光学科教授 垣本せつ子、国際地域学科講師 村田由美恵