1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 2014年度 募集型企画旅行演習 講義報告 講義レポート第7回
MENU CLOSE

2014年度 募集型企画旅行演習 講義報告 講義レポート第7回

  • English
  • 日本語

講義報告 講義レポート

7. 11月5日(水) ディスティネーション研究 プレゼンテーション(1) 台湾グループ発表

発表資料1今回の授業は、各グループに分かれて、自分達が参加するパッケージツアーのデスティネーションについて調べ、プレゼンテーションを行うといった内容で、私のグループでは通貨や言語などの台湾の基本情報、ツアーの内容に基づいた観光地や食べ物などを調べました。

台湾グループが今回参加する二泊三日のパッケージツアーでは、中正紀念堂、総統府、龍山寺、台北101、忠烈祠、故宮博物院、士林夜市を観光し、欣葉や鼎泰豊、阿柑姨芋園や阿妹茶館で台湾料理やぜんざいを楽しむ予定です。ツアータイトルにもあるように、たっぷり楽しめるツアーになっているにも関わらず、私は二泊三日のパッケージツアーで台湾を満喫できるのかと疑問に感じていました。しかし、今回ツアーの日程に含まれている観光地や、レストランを調べてみると、限られた時間のなかであっても、おいしい台湾の料理も、台湾の歴史も、美しい台湾の風景も十分に満喫することができるツアーになっていて、工夫して作ってあることが分かりました。

今までの私は、個人旅行や、個別で参加するパッケージツアーにおいて、デスティネーションについて調べたものをパワーポイントでまとめたり、発表したりする機会はほとんどなく、それどころか、あまり深く調べることはありませんでした。今回のプレゼンテーションのための研究によって、どうしてこの建物は作られたのか、このお店は何が有名なのかなど、ツアーのデスティネーションについての理解が深めることができました。加えて、デスティネーションを前もって調べることは、旅行を楽しむだけでなく、出発をもっと楽しみにさせることができるため、大切であると考えました。

このプレゼンテーションを行うにあたって、各グループで協力して一つのパワーポイントを作ったり、台湾グループの色を出すことが出来るかをメンバーで考えたり、本番への練習を行ったりすることで、グループの仲間との距離が縮めることができたのではないかと思います。台湾を知り、仲間を知ることでツアーに参加することが非常に待ち遠しくなりました。

<国際地域学部 国際観光学科 2年 大類佑夏>