1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 2014年度 募集型企画旅行演習 講義報告 講義レポート第6回
MENU CLOSE

2014年度 募集型企画旅行演習 講義報告 講義レポート第6回

  • English
  • 日本語

講義報告 講義レポート

6. 10月29日(水)パッケージツアーと旅行業約款 担当:森下晶美

今日は森下晶美先生による“パッケージツアーと旅行業約款”についての講義でした。

授業の前半は旅行業約款の中でも特にパッケージツアーに関わりのある旅程保証と特別補償について説明して頂き、後半では4,5人のグループに分かれ旅程保証に関する過去の事例をもとに事例研究を行いました。「バスの故障によりパンフレットに記載していた場所へ行くことが出来ず、その場所を最大目的としていたお客様から多額の返金を求められた」という事例について、約款上どう解決すべきか、サービスなどを鑑みた旅行会社としてはどう解決すべきか、の二点から各グループで話し合い、発表をしました。

約款上では変更補償金を支払えば済みますが、サービス業である旅行会社としては、お客様に納得して頂くためにも、それ相当の対応をしなければなりません。しかしその対応を考えるうえで、一組のお客様だけに特別な対応をしていいものか、料金の一部をお返しするとしても、どの程度の金額でお客様に納得していただけるかなど意見がまとまらず旅行会社としての対応を考えるのはとても難しいことだと思いました。

今回の授業を通して、約款の原則と運用の仕方には違いがあることが分かり、今後旅行会社で働くとなると今までのように約款を書面で覚えるだけでなく、約款の運用の仕方なども考えていかなければいけないと強く感じました。

<国際地域学部 国際観光学科 2年 飯塚健太>