1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 2014年度 募集型企画旅行演習 講義報告 講義レポート第4回
MENU CLOSE

2014年度 募集型企画旅行演習 講義報告 講義レポート第4回

  • English
  • 日本語

講義報告 講義レポート

4.10月15日(水)パッケージツアーの歴史と将来性 担当:松園俊志

今日は、松園俊志先生による“パッケージツアーの歴史と将来性”についての講義でした。当時の時代背景や先生の実体験を交えながら、一つひとつの出来事が起こった経緯まで丁寧に教えて頂きました。例えば、世界初の募集型企画旅行であるトーマス・クックの禁酒大会は、当時のイギリスの労働環境や宗教、さまざまな要因が関わって生まれた大会だと分かりました。漠然と知っていた歴史もそこに至った理由を考えていくと、より深く、面白く感じました。

 近年、個人旅行こそいまどきの旅行だと考える若者は増えているように思います。しかし、日本のパッケージツアーが本格化し始めたのはわずか50年前であり、まだまだ成長段階にあることが分かりました。LCCの参入でパッケージツアーの値段をより下げることが可能になり、旅行者が選択できるパッケージツアーの幅は今後ますます広がっていくと予想されます。この募集型企画旅行演習に参加するにあたり、単に企画の工夫等だけでなく、今日の講義のテーマであるパッケージツアーの価値や将来性を自分なりに考えていきたいと思いました。

(国際地域学部国際観光学科2年 三浦華)