1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 「海洋観光大学教育旅行研究大会」で島川ゼミ優秀賞を受賞しました
MENU CLOSE

「海洋観光大学教育旅行研究大会」で島川ゼミ優秀賞を受賞しました

  • English
  • 日本語

日本財団と旅行会社、大学、旅客船協会等が共同して運営する海に関する学習機関「仮想空間学園 海洋観光大学」による教育旅行研究大会が9月16日に県立広島大学で開催されました。

大会では、観光学を学ぶ学生たちによる、子どもたちに海の魅力を伝えるツアープランコンテスト全国大会決勝戦が行われ、国際観光学科の島川ゼミ・新観光まちづくりゼミが決勝進出しました。去年実は、島川ゼミの先輩が最優秀賞を受賞していたことから、二連覇への期待が高まっていました。

しかし、今年は惜しくも最優秀賞を逃し、優秀賞となりました。本当であれば、全国2位ですし、去年の決勝出場校で2年連続決勝進出は地元の県立広島大学と東洋大学の2校だけだったので、大変名誉あることなのですが、発表した3年生福岡千絵さん、松田珠希さん、高部美幸さんの三人は、本気で二連覇を狙っていたこともあり、表彰式でも悔しさに満ち溢れていました。

最近は、みんな傷つくことを嫌がり、本気で何かに取り組むことが敬遠されています。でも、みんな本気で取り組みました。その結果が、不本意なものであっても、この本気で取り組んだ結果の「悔しさ」の境地にはなかなか至れません。これからの長い人生の中で、このような本気で取り組み、本気で悔しがった経験は、なにものにも替えがたい宝物だと思います。

この悔しさを胸に、これからの人生も、本気でぶつかって行ってください。

(国際観光学科教授 島川 崇)