1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際地域学部
  5. 2016年度ESP副専攻ランチタイムミーティングを開催しました。
MENU CLOSE

2016年度ESP副専攻ランチタイムミーティングを開催しました。

  • English
  • 日本語

2016年6月8日(水)の昼休み、国際地域学科1年生のESP副専攻登録者のランチタイムミーティングが開催されました。


ESP(English Special Program for Global Human Resources Development)副専攻は、国際地域学部国際地域学科国際地域専攻の学生を対象とし、英語による専門科目の履修、英語試験の成績、国際的な活動等に関して一定の要件を満たした学生を副専攻修了者として認定する制度です。

6月8日のランチタイムミーティングには、すでにESP副専攻への登録申請をしている1年生29名が参加し、認定要件の確認や本プログラムを修了した先輩の実例等のレクチャーや、本学で実施している語学講座の紹介を受けました。

ESP副専攻の登録者は、今後、担当アドバイザーによるきめ細かい指導が受けられるほか、ESP交流会において学年の垣根を越えた情報が得られるなどのメリットがあります。4年間で本プログラムの認定要件を満たすことは決して容易ではありませんが、一人でも多くの学生がプログラムを修了できるよう、国際地域学科では全力でバックアップしていきます。

来週、6月15日(水)のお昼休みには2年生のESP副専攻登録者のランチタイムミーティングが開催される予定です。

ESPランチミーティングの様子