海外研修

English (TOYO Global RDS)

English

海外で語学研修や専門研究を実施するプログラム

国際地域学部のグローバル人材育成プログラムでは、「現場主義」を重視しています。それを具現化するのが、国際地域学部で提供するバリエーション豊富な海外研修です。実際に現地に赴いて語学や専門の研究について学ぶことで、現場主義の基礎となる体験を得られます。
国際地域学部の海外研修は、大きく4種類あり、海外インターンシップの実施も計画しています。

海外研修

国際地域学部の海外研修は、「語学研修」「語学+専門研修」「専門研修」「ゼミ専門研修」の4種類が用意されています。 (主な渡航先と実施報告はこちら

語学研修

英語研修を中心とし、語学力の向上を目指す研修プログラムです。
研修先には、フィリピンのサウスウエスタン大学があります。フィリピンでは英語を公用語としているため、きちんとした英語を修得することができます。研修期間中は、現地大学生との一対一の英会話練習や文化交流などの体験もでき、英語初級者に人気のプログラムです。

語学+専門研修

語学研修と専門研修の特徴を併せ持った研修プログラムです。研修先では、英語の授業と専門の授業のどちらも受講します。英語力の強化とともに、現地の文化・生活や観光政策などについての理解も深まります。
研修先には、イギリスのボーンマス大学、アメリカのカリフォルニア州立工科大学ポモナ校、カナダのサスカチュワン大学、オーストラリアのカーティン大学、ニュージーランドのネルソンマルボロ工科大学があります。

専門研修

専門講義への参加やフィールドワーク(現地調査)を中心とした研修プログラムです。
タイのチュラロンコン大学、フィリピンのフィリピン大学セブ校、韓国の建国大学で約2週間の研修を実施します。フィールドワークを通じて、それぞれの国の文化理解や都市問題などの課題について実践的に学ぶ機会が得られます。

ゼミ専門研修

ゼミに所属する学生が海外で専門分野の調査研究活動を行う研修プログラムです。
研修先はベトナム、タイ、カンボジアなどの東南アジアをはじめとして、台湾、インド、アフリカ、ヨーロッパ、太平洋諸国など世界各地に広がっています。ゼミの研究テーマに沿って、貧困問題や環境問題、地域文化、観光振興など幅広いテーマでの調査研究が行われます。

パリ研修

【国際地域学部】 フィールドスタディ のページへ

海外インターンシップ

グローバル人材育成のため、国際地域学部では、海外でインターンシップを実施する新しいプログラムを計画しています。そのために、タイのバンコクに海外インターンシップの拠点を設置し、現地の日系企業やNGO、国際機関、現地行政機関などにおけるインターンシップを実施する予定です。

【学生の声】インターンシップだより のページへ