国際交流ポイント制度

English (TOYO Global RDS)

English

グローバル人材を育成するポイント制度

私たちのグローバル人材育成プログラムの特色は、さまざまな国際交流活動に参加することでポイントが貯まる「国際交流ポイント制度」を設けていることです。ポイント制度の導入により、学生が国内外の国際交流活動に参加する意欲が高まります。対象となる活動には、それぞれに参加・運営することで得られるポイントが定められています。累計で30ポイントを獲得した学生は、学部長名で表彰されます。

獲得できるポイント数は、参加するイベントにより異なります(下記ポイント表参照)。海外留学はポイントが高めに設定されています。学内留学「SAIHAT」でも対象となるイベントへの参加でポイントを獲得できるため、海外での留学や研修が難しい学生でも、国内のプログラムに積極的に参加することで、ポイントの蓄積が可能です。

※2014年度入学生より、国際交流ポイントはTGLプログラム制度のTGポイントになりました。


海外における活動のポイント学内および国内における活動のポイント


セブ島での活動 アイルランド大使リレー講義

キズナ強化プロジェクト ランゲージセンター講座受講