1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 異文化理解・日本人としてのアイデンティティの醸成

異文化理解・日本人としてのアイデンティティの醸成

English (TOYO Global RDS)

世界を知り、日本人としての自らを知る

日本のお祭りの写真

グローバル人材には、海外のさまざまな地域の文化や慣習を理解して、お互いの文化を尊重できるような真の異文化相互理解のスキルが要求されます。国際地域学部では、日本人としてのアイデンティティを持って異文化を理解することが必要だと考えています。そのために、さまざまな異文化に実際に接する体験や、日本文化を紹介する経験を積めるようなプログラムを提供し、異文化理解や日本人としてのアイデンティティを強化します。

国際地域学部では、現場主義に基づいた国内外での研修プログラムや学内でのさまざまな国際交流イベントなどを提供し、異文化理解や日本文化の再発見を推進します。

学内留学

国際地域学部では、学内にいながら多様な国際交流が可能なさまざまなイベントやプログラムを用意しています。対象の国際交流活動に参加することにより、国際交流ポイントを獲得できます。

国際学生シンポジウム

学生が主体となって開催し、研修目的で来日する海外の学生グループと意見を交換し合う場が国際学生シンポジウムです。国際地域学部では、国際学生シンポジウムや交流授業の機会を多く設け、学内にいながらにして異文化に触れられる場を提供します。

過去の開催実績

国内研修

国際交流が可能な研修を、海外だけでなく国内でも実施します。「震災復興」「観光開発」などをテーマに、国内の各地で研修を開催します。外国人留学生と日本人の学生がともに学ぶ研修プログラムです。留学生とともに研修することで、日本人以外の視点での考え方を知ることができるほか、日本人のアイデンティティを見つめなおす機会にもつながります。

【国際地域学部 フィールドスタディ】のページへ

English Community Zone (ECZ)  

English Community Zone (ECZ)  でのイベント風景

ECZは英語によるさまざまなアクティビティを行うためのスペースです。ECZの中では日本語の使用は一切禁止されています。英語を学びたい学生が集まり、留学生や外国人教員と英語で会話を楽しむことで、英語力やコミュニケーション力の向上を目指します。交換留学生との交流や、学期末パーティー、ハロウィン・パーティー、クリスマス・パーティーなどさまざまなイベントが行われます。授業での利用や、交換留学から帰国した学生が英語で留学経験を発表する場としても使われています。

Language Exchange Partner (LEP)

日本人学生が外国人留学生とパートナーを組み、相互に母国語を教え合います。言語を学ぶことにとどまらず、文化や異文化理解の促進といった役割を果たしています。

大使リレー講義

各国の駐日大使を招き、その国の歴史や環境、外交政策などを英語で紹介していただく講義です。2006年から開催しているプログラムで、毎年3、4カ国の大使を招いています。この講義は非常に好評で、毎回100人以上の学生が集まって大使の生の声に耳を傾けています。すべて英語で行われるこの講義は、学生が国際社会への関心を持つ大きなきっかけになっています。

【大使リレー講義】のページへ

日本研究プログラム

外国人留学生が日本文化や歴史の研究を行うときに、日本人学生がチューターとして支援するプログラムです。日本人学生は留学生に対して日本文化を外国語で説明し、留学生の母国の文化との違いを議論していきます。日本人学生にとっても、日本文化の再発見や諸外国との文化的な差異の発見を通じて、日本人としてのアイデンティティを見つめることにつながります。