1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 国際地域学部が考えるグローバル人材とは

国際地域学部が考えるグローバル人材とは

English (TOYO Global RDS)

語学だけではない幅広い国際人としての能力を身につける

国際地域学部では、グローバル化する経済、社会の中で、日本から世界に出ても働くことができる力を備えた「グローバル人材」の育成を目指しています。国際地域学部が育成するグローバル人材とは、「現場主義に立ち、国内外の地域づくりや観光振興に貢献する国際的な視野(Think Globally, Act Locally.)を持った職業人」を指します。

グローバル人材とは、単に英会話ができる人を指すのではありません。国際的な視野に立って、地域づくりや観光振興に貢献し、地域を創造的に活性化させる力を持った人材を育てることを目標にしています。そのため、外国語でコミュニケーションができる能力を身につけるだけでなく、国内外のさまざまなシーンで実践的な解決方法を見いだす能力の獲得や、異文化理解をするためのベースとなる日本文化の理解など、多方面での力が要求されます。

国際地域学部のグローバル人材育成プログラムでは、次の4つの能力の向上を柱としています。

  1. 地域住民や関係者と円滑なコミュニケーションを実現するための「語学力・コミュニケーション能力の向上」
  2. 諸地域の文化・慣習を理解してお互いの文化を尊重できるようにするための「異文化理解・日本人としてのアイデンティティの醸成」
  3. 現場での経験に基づいた課題の本質的な理解と実行力を培う「実践的能力の育成」
  4. 専門知識を外国で生かすための「専門知識の英語による修得」

国際地域学部には、「国際地域学科」と「国際観光学科」の2学科があります。国際地域学部の学生はそれぞれの学科の専攻と並行して、学内留学(SAIHAT)の様々なイベントに参加できます。専門教育を受けると同時に、国際的視野を持った人材へと成長することができる点が、国際地域学部の特徴なのです。

現地での様子

修得すべき具体的能力

語学力・コミュニケーション能力の向上

語学力・コミュニケーション能力の向上について

 入学前eラーニング

 プレイスメントテスト・能力別クラス編成

 TOEFL/TOEIC/IELTS特別講座

 留学支援 LEAP(旧SCAT)プログラム

 長期交換留学

 フォローアップ講座

異文化理解・日本人のアイデンティティの醸成

異文化理解・日本人のアイデンティティの熟成について

 学内留学

  国際学生シンポジウム

  国内研修

  English Community Zone (ECZ)

  Language Exchange Partner (LEP)

  大使リレー講義

  日本研究プログラム

実践的能力の育成

実践的能力の育成について

 フィールドワーク

 海外インターンシップ

英語による専門科目の習得

英語による専門科目の習得について

 外国語で学ぶ専門科目

 英語での卒業論文作成