海外留学・交換留学

English (TOYO Global RDS)

海外の大学で学び、単位を取得

海外留学中に撮影した写真

国際地域学部の学生にとって、グローバル人材への研鑽を積む最も良い機会が海外留学です。留学には全学の国際交流センターが提供する「長期交換留学」と、国際地域学部が提供する「学部長期留学」の2種類があります。いずれも海外の大学で取得した単位の一部が、国際地域学部の単位として認められます。

長期交換留学

全学の国際交流センターが提供する長期の交換留学制度があります。【国際センター】交換留学 のページへ
東洋大学では、23カ国67大学と学術交流協定を締結しています(2014年2月現在)。交換留学制度により、米国・カナダ・オーストラリア・アイルランド・ドイツ・フランス・韓国・中国などの協定校、または米国の交換留学を推進する非営利団体ISEP(International Student Exchange Program)の加盟校との間で交換留学が可能です。
交換留学生には全学から渡航中の授業料に相当する奨学金が支給されるため、学生は少ない負担で留学することができます。

【学生の声】留学だより

学部長期留学

国際地域学部には、全学の交換留学プログラム以外にも学部としての長期留学プログラムが用意されています。

学部長期留学プログラムを利用した留学先としては、フィリピン・セブ市のサウスウエスタン大学(6カ月間)と、カナダ・バンクーバーのダグラスカレッジ(4カ月~1年間)があります。 

国内留学

国際地域学部は2014年4月、テンプル大学ジャパンキャンパスと学生交換に関する協定を締結しました。

本校をフィラデルフィア(米国)に構えるテンプル大学は、ジャパンキャンパス(東京・麻布)を文部科学省により「外国大学の日本校」として指定されており、授業もすべて英語で行われています。

国際地域学部では、交換留学等と同様に学生がテンプル大学で修得した単位を本学の単位として認定します。