1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 【海外国際地域学研修】フィリピン国立大学セブ校(UP CEBU)研修〔フィリピン〕

【海外国際地域学研修】フィリピン国立大学セブ校(UP CEBU)研修〔フィリピン〕

English (TOYO Global RDS)

フィリピン国立大学セブ校(UP CEBU)研修

 フィリピン国立大学セブ校研修

フィリピン国立大学セブ校(UP CEBU)研修は、アジアの島嶼国都市部における地域社会の理解と、フィールドワーク(現地調査)を通して実態を知り、都市社会の特質を把握することを目的とした「専門研修」です。
フィリピンでは、初等教育からほとんどすべての教育課程において英語による教育が実施されており、研修中は講義・フィールドワークすべての場面において英語を使用しますので、英語力のブラッシュアップにもなります。

【現地協力大学】 フィリピン大学セブ校(外部リンク)

UP CEBU研修 紹介ビデオ

※2012年度春季(2013年2月12日~2月26日) フィリピン国立大学セブ校(UP CEBU)研修

2015年度春季(2016年春)研修報告

【2016年3月28日更新】
「現場から学ぶ」フィリピン大学セブ校研修(2015年度春季)を実施

2014年度春季(2015年春)研修報告

【2015年7月23日更新】
〔学生の声〕UPセブ研修の経験を中学校の授業で発表しました

【2015年3月5日更新】
2014年度春季UPセブ(フィリピン)研修報告

2012年度春季(2013年春) 研修報告

【2013年11月26日更新】
セブの学生が東洋大生との交流を紹介した記事が現地の新聞に掲載されました

【2013年3月29日更新】
フィリピン国立大学セブ校研修帰国から1カ月が経ちました

【2013年3月19日更新】
フィリピン国立大学セブ校 2012年度春季研修報告



セブ市への義捐金活動

文房具を手にするセブの子どもたち

2012年5月、セブ市のバランガイ・ルスにおいて、約1800人の住民が焼け出されるという大規模な火災が発生しました。
毎年研修でお世話になっている地域の大惨事を受け、国際地域学部では学生を中心に募金活動が行われ、集まった義捐金は被害に遭った方たちの住宅の再建に充てられました。また、その年の8月に現地に赴き、被災した約230人の子どもたちや学校に鉛筆やノートなどの文房具を寄付しました。(写真:文房具を手にする子どもたち)
この活動は現地でニュースとして取り上げられ、セブ市からの表彰を受けました。

東洋大学がフィリピン・セブ市議会から表彰されました(記事リンク)


地元のテレビ局が被災地の再建の様子と住民の方たちの感謝の声を取り上げたニュース映像
Turnover of Toyo University donation to Barangay Luz Families(YouTube動画)