1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 〔留学だより〕カナダ・ダグラスカレッジ

〔留学だより〕カナダ・ダグラスカレッジ

English (TOYO Global RDS)

ダグラスカレッジ(カナダ)に留学中

大塚涼央さん(国際観光学科2年)

 

留学生活スタートから約6カ月が経ちました。私は2年次の9月からカナダのバンクーバー郊外にあるDouglas College(ダグラスカレッジ) へ留学しています。

ダグラスカレッジは4カ月ごとに1セメスタになっており、私は3セメスタ滞在する予定です。2セメスタ目が始まり、留学生活が後半にさしかかろうとしているところで今までの留学生活を報告させていただきます。

ダグラスカレッジ

ダグラスカレッジは様々なコースが充実しており、ビジネス、心理学、経済学、社会学などの一般的な学問のコースからホスピタリティマネジメント、音楽、女性学などの専門的な学問のコースまであります。特に私にとってホスピタリティマネジメントが学べるというところがダグラスカレッジを選ぶ大きな決め手となりました。また英語を第二言語とする生徒を対象とした語学コースであるESL(English as a second language)コースも設置されており、TOEFLやIELTSの点数が足りず経済学のようなアカデミックコースが履修できない場合は、まずこのESLコースからスタートすることになります。

メインのキャンパスはニューウエストミンスター市というバンクーバー市の中心地からスカイトレインという電車で約30分のところにあり、もう一つのキャンパスはコキットラムという市にあります。今はまだ電車が通っていないのでバスしか交通手段はありませんが、今年の夏から新しい電車の路線が開通するので1時間以内でバンクーバー市の中心地にアクセスできるようになります。バスもたくさん出ていてバンクーバー市内までのアクセスが良いので生活に不便はあまりありません。

ダグラスカレッジ 
ダグラスカレッジコキットラムキャンパス

授業の様子

前セメスタではESLコースの授業のみ履修していましたが、今セメスタは、下記の3つのホスピタリティマネジメントの授業を取っています。

Tourism Business Structure

ホテルを軸に、観光産業について学ぶ授業です。講義だけでなくグループワークやプレゼンテーションもあり、コミュニケーション力やプレゼン力も問われます。グループワークを通してほかの生徒との交流を深めることができるので友達作りのいいきっかけだと思います。授業中に日本のことが話題に上がることもあり、日本のホスピタリティ産業が海外からも注目されていることが分かりました。

Introductory Food Management

この授業はレストランやバーの経営における食品衛生管理やコスト管理、料理の基本についての授業です。観光業界というよりは飲食業界に寄っていますが、飲食産業は観光業の要ともいえるべき存在なので履修することにしました。専門用語など、辞書を引いただけでは理解できない単語が多く使われているので復習は欠かせません。

Event Management

この授業はグループワークで実際にイベントを企画する実践的な授業です。グループ内でアイディアを次々と出さなければならなかったり、即興のプレゼンテーションがあるなど、日本語だとしてもレベルの高い授業だと思います。

今セメスタに入り痛感していることは、前のセメスタでESLの生徒であることに甘んじていたことです。現在取っている授業はESLの授業とは違い、英語を母語としている生徒またはこちらの生活が長い生徒がほとんどなので、英語ができる前提で授業が進みます。母語ではない言語で授業を受けることの大変さを実感しました。そしてESLの授業を取っていた時よりも一週間当たりの授業数は減りましたが、内容が専門的で授業についていくのが大変なので自習時間が増えました。毎日授業が終わると図書室へ向かい、その日のうちに復習を終わらせるように心がけています。

国際交流イベント "Cultural Connection"

ダグラスカレッジダグラスカレッジにはCultural Connectionという国際交流イベントがあります。基本的に毎週末にイベントがあり、カナダ人、中国人、メキシコ人、インド人、タンザニア人などの多国籍な学生達とバンクーバー近郊の観光地、行楽地を訪れたりします。こういったイベントを通して友達作りをすることができました。また、ダグラスカレッジで日本語のクラスを履修している生徒たちと交流する機会もありました。そこでの会話を通じて日本が世界からどのようにみられているのか再確認することができました。

周辺の観光スポット

ダグラスカレッジのあるニューウエストミンスター市とコキットラム市はメトロバンクーバーエリアというバンクーバー市を中心としたエリアに属していて、周辺に観光スポットがたくさんあります。

バンクーバー

バンクーバー市はカナダの太平洋側に位置する都市です。2010年の冬季オリンピック、2015年の女子サッカーワールドカップ決勝戦がここで開催されたのは記憶に新しいのではないでしょうか。大都市とあってたくさんの高層ビルが立ち並んでおり、また様々な国籍の人々でにぎわっています。そんなグローバルで都会的な顔も持ちつつ、隣のノースバンクーバー市の山々を望むこともできるという一面もあります。バンクーバーにはトーテムポールで有名なスタンレーパーク、世界で唯一といわれる蒸気時計、活気あふれる市場で有名なグランビルアイランドなどがあります。

ダグラスカレッジグランビルアイランド

ノースバンクーバー

バンクーバー市の隣ノースバンクーバー市は自然に恵まれ、吊り橋で有名なキャピラノ、地元の人からも愛されるハイキングスポットのディープコーブ、スキー場があるグラウスマウンテン、サイプレスなどバンクーバー市に引けを取らないほどの目玉スポットが多くあります。キャピラノの吊り橋はスリル満点でした。ディープコーブではハイキングに行きました。緑に囲まれとても癒されました。ハイキングコースの周りにはいくつかカフェがあり、くつろぐこともできます。サイプレスのスキー場では人生初のスノーボードに挑戦しました。サイプレスのスキー場は滑りやすいことで有名で初心者の私でも安心でした。

ダグラスカレッジキャピラノサスペンションブリッジ

ビクトリア

ビクトリアはバンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州の州都です。バンクーバー郊外のリッチモンドからフェリーで2時間ほどで行くことができます。主な観光地としては州議事堂、ブッチャートガーデンなどがあります。ダウンタウンはイギリスの影響を強く受けていて、街並みがヨーロッパのようでした。また、イギリスの文化の一つであるアフタヌーン・ティーも楽しむことができます。フェアモント系列のホテルであるthe empressや、ブッチャートガーデンの中にあるカフェなどで楽しむことができます。

ダグラスカレッジ ダグラスカレッジ
(写真左)ブッチャートガーデン (写真右)州議会堂

大変だったこと

私はもともと人見知りで人と話すことがあまり得意ではありません。人と話すこと自体は好きですが、どちらかというとおとなしい、口下手な性格だと思っています。こちらに来てから日本にいるときよりも当然初めて会う人が多いので自分の人見知りな性格に苦しみました。それでも、できるだけたくさんの人と出会うように心がけたおかげで少しは良くなったと思っています。
また、緊張しやすく人前で話すことも苦手なのですが、授業でプレゼンテーションが行われることが多くありとても大変でした。しかし、何度も繰り返すうちに慣れ、以前より落ち着いてプレゼンテーションに取り組むことができるようになりました。

英語力向上のために

英語に関しては着いたばかりのころは相手が何を言っているのか理解できず、外に出るのが怖かったです。こちらの人は知らない人に気軽に声を掛けたり雑談をする人が日本よりも多いので、話しかけられるのが怖くて外出せず家にひきこもることもありました。また、スピーキングでは自分の声が小さいうえ発音が相手に聞き取りづらく、聞き返されたり、伝えたいことがなかなか伝えられなかったり何度も落ち込みました。また失敗してしまうのではないかと話すのが億劫になったときもたくさんありました。
それでも話すしか上達する方法はないと思いました。失敗してもいいから何とかして話そうと意識を変えてから、少し自分の英語力向上を実感できた気がします。
それから、単語に関しては留学前から単語帳を使って単語力の維持をしてはいたのですが実際しゃべる時に浮かばない単語が多かったです。実際の会話に積極的に使うことでそういった単語を減らしていくようにしています。もともと知っている単語は覚えるのに時間があまりかからないので、留学前の準備が役に立つと思います。文法も日本にいた時からしっかり勉強していたので、ESLでは細かなニュアンスを理解したり復習にする程度ですみました。できるだけこちらで知識のアウトプットに時間を割けるように日本でしっかり英語の基礎の勉強をしておくべきだと思います。

最後に

バンクーバーに来てから半年が経ちすこしずつ自分の成長を実感し始めましたが、まだまだ至らない部分、反省すべき点は山ほどあります。そして、まだボランティアに参加することなどやりたいこともたくさんあるのでそれらも達成できるようにしていこうと思っています。残りの半年モチベーションをさげることなく、むしろあげてさらに精進して参りたいと思います。


国際観光学科2年 大塚涼央
(留学期間:2015年9月~2016年8月 ダグラスカレッジ)


【学生の声】ページへ