1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 【海外国際地域学研修】オーストラリア・カーティン大学での研修が始まりました

【海外国際地域学研修】オーストラリア・カーティン大学での研修が始まりました

English (TOYO Global RDS)

カーティン大学研修:1週間が過ぎました

真夏のパースからこんにちは!

2016年2月15日から3月18日までの5週間にわたり、オーストラリア・パース市のカーティン大学で、国際地域学部18人の学生が英語と地域計画を学んでいます。

着いた初日から40度を超える熱波が到来。右も左もわからない中で、研修がスタートしました。

この研修では、各国から英語を学びにカーティン大学へやってきた学生たちとともに毎日英語の授業を受けながら、東洋大学の学生を対象に特別に設定された週2回の地域計画の授業も履修します。

英語はレベル別に約20クラスに分かれます。毎日、午前中はスピーキングとリスニングの授業を中心に、午後はライティングとリーディングを中心に勉強します。

カーティン研修

さらに、地域計画の授業は週2回、1回4時間にわたる授業を受けます。

カーティン研修

水曜日の夕方には、皆でパース市街中心部へ出かけました。

カーティン研修

また、初めての週末には、フェリーに乗ってロットネスト島へ行きました。

カーティン研修

研修中、学生はホームステイファミリーの家に滞在し、毎日バスに乗って通学しています。食事は3食ともにファミリーが用意してくれます。多文化社会オーストラリアでは、ファミリーも世界の様ざまな文化的背景を持っています。ファミリーの作ってくれるお弁当も国際色にあふれています。

また、夕方や週末には近くの名所やショッピングセンターに一緒に出掛けることもあります。

まったく新しい世界に飛び込み、ハードな授業の中で、それでも学生たちは元気にオーストラリア生活を楽しんでいます。

カーティン研修

1週間を過ぎてようやく暑さもひと段落しました。涼しい夜風が心地よいパースです。


2016年2月24日 藪長 千乃(国際地域学部国際地域学科 教授)


【海外研修】カーティン大学研修 のページへ