1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 東洋大学スーパーグローバル大学創成事業セミナーシリーズ「教育ハブのアジアにおける発展と日本の可能性」開催報告

東洋大学スーパーグローバル大学創成事業セミナーシリーズ「教育ハブのアジアにおける発展と日本の可能性」開催報告

English (TOYO Global RDS)

東洋大学スーパーグローバル大学創成事業セミナーシリーズ
「教育ハブのアジアにおける発展と日本の可能性」開催報告

2015年12月3日(木)、東洋大学スーパーグローバル大学創成事業セミナーシリーズ2015–16の一環として、白山キャンパス125記念ホールにて特別セミナー「教育ハブのアジアにおける発展と日本の可能性」を開催しました。国公私立大学の教職員を中心に約100名にご参加いただきました。

(当日の次第はこちら

竹村牧男学長の開会挨拶、文部科学省高等教育局 高等教育企画課国際企画室 松本英登室長の来賓挨拶ののち、以下の発表が行われました。概要は以下のプレゼンテーション資料をご参照ください。

On December 3, 2015, Toyo University held a seminar on “Special Lecture: Education Hub in Asia and Potential of Japan” as part of Toyo University’s “Top Global University Project ” Seminar Series 2015-16 at 125th Anniversary Hall in Hakusan campus. 100 people attended the seminar. Most of them are administrators and faculty of Japanese higher education institutions. Following the opening remarks by Prof. Makio Takemura, President of Toyo University, and the invited speech by Mr. Hideto Matsumoto, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, three speakers gave a presentation about the education hubs in Asia and the potential of establishing an hub in Japan based on their experiences.

Please find their presentation slides below.

特別セミナー


特別セミナー

趣旨説明 Introduction

芦沢真五(東洋大学 教授)
Prof. Shingo Ashizawa (Professor, Toyo University)

東アジア域内の学生移動の推進に向けて、UMAPを一層推進するために求められる点および2016年1月からUMAP国際事務局となる東洋大学がどのような役割を担っていく計画であるかについて紹介した。

Professor Ashizawa addressed the function of UMAP for the promotion of intra-regional student mobility in East Asia, and then introduced the basic plans of Toyo University’s contribution to UMAP and its activities as the new UMAP Secretary General Office from January 2016.


特別セミナー

課題提起:「アジアにおける国際学生移動とアジア太平洋大学交流機構の今後の展望」
“Introduction to the Student Mobility in Asia and Future of UMAP”

ユー・アンジェラ(輔仁大学 教授、台湾UMAP事務局長)
Dr. Angela Yung-chi Hou (Professor, Fu Jen Catholic University, General Secretary, UMAP in Taiwan)

東アジア域内の学生移動の現状と課題について考察し、UMAPによる成果および課題について紹介した。

Dr. Yung-Chi Hou discussed some major trends of intra-regional student mobility in East Asia and the achievements and challenges of UMAP as its former Secretary General.


特別セミナー

特別講義: 「国家主導型教育ハブの展開 ―その目的、関係機関、課題―」
Keynote Lecture:“The Development of Country Education Hubs - Key Actors, Rationales and Challenges -”

ジェーン・ナイト(トロント大学 特任教授)
Dr. Jane Knight(Adjunct Professor, University of Toronto)

教育ハブ (Education Hub)について、同氏が提唱する教育ハブの定義、種類、目的、機能、アクター、課題等について講義が行われた。

Dr. Jane Knight lectured about the definitions, types, rationales, functions, actors, and challenges of “Education Hub” as a new phenomenon of internationalization of higher education in the world.


特別セミナー

パネルディスカッション Panel Discussion

モデレーター Moderator:北村 友人(東京大学 准教授)
Dr. Yuto Kitamura (Associate Professor, University of Tokyo)

パネリスト Panelists:ジェーン・ナイト(トロント大学 特任教授)
Dr. Jane Knight (Adjunct Professor, University of Toronto)
太田 浩(一橋大学 教授)
Dr. Hiroshi Ota (Professor, Hitotsubashi University)
米澤 彰純(名古屋大学 准教授) 
Dr. Akiyoshi Yonezawa (Associate Professor, Nagoya University)

東アジア域内の学生移動を推進するために、日本の政府機関、高等教育機関に対してどのような取り組みが求められるかについて議論が展開された。

The panelists discussed the role of the Japanese government and higher education institutions for the promotion of intra-regional student mobility in East Asia.


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)