1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 2016年度国連ユースボランティア(UNYV)・ワシントンセンター(TWC)インターンシップに挑戦する学生を募集中

2016年度国連ユースボランティア(UNYV)・ワシントンセンター(TWC)インターンシップに挑戦する学生を募集中

English (TOYO Global RDS)

2016年度国連ユースボランティア(UNYV)・ワシントンセンター(TWC)インターンシップに挑戦する学生を募集中

2015年12月15日(火)、18日(金)に、2016年度国連ユースボランティア(UNYV)およびワシントンセンター(TWC)インターンシップの説明会を行いました。

UNYV TWC説明会 UNYV TWC説明会

国連ユースボランティアは、国連ボランティア計画(UNV)のコーディネートの下、発展途上国の国連事務所などでユースボランティアとして働くプログラムです。業務としては広報活動やイベント開催の補助などを行います。

説明会では、以前に派遣された学生からのビデオレターの紹介やプログラム概要の説明に加え、学内選考プロセスや提出書類作成の為の準備講座についての説明がありました。
選考で必要になる英文資料や電話面接については、ランゲージセンター教員が細やかにサポートします。学内選考プロセスを経て学内候補者になった学生は、5月から始まる国連ボランティア計画(UNV)選考を経て、正式に派遣が決まります。

ワシントンセンターは、1975年に設立された非営利教育機関で、米国主要大学の学生を対象としたインターンシッププログラムを運営しています。ワシントンDC周辺の公的機関、NPO、企業などでの15週間の就労体験、夜間に実施される著名人によるアカデミックな授業を通じて国際的感覚を身に付け、将来のグローバルリーダーを育てるプログラムです。
(※ワシントンセンターインターンシッププログラムは、国際地域学部生を対象としたプログラムです。)

18日の説明会には、今年度本プログラムに参加して先日帰国したばかりの山内一礼さん(国際地域学部3年)が実際の体験を語ってくれました。山内さんは厳しい選考を突破し、約200名の参加者のうち、たった4名の日本人学生の一人としてプログラムに参加してきました。

インターンシップをしながらアカデミックな講座を受講でき、世界各国からの学生たちと交流がある点が非常に魅力的だったとのことです。

2日間の説明会に約35名の学生が参加しましたが、メモをとりながら真剣に説明を聞いていました。今後応募を検討する学生については、教員や事務スタッフが全面的にサポートしていきます。
説明会に参加できなかった学生も、2016年2月29日まで学内エントリーを受け付けています。興味のある方は、ぜひ一度国際連携本部事務課(白山キャンパス 甫水会館1階)に話を聞きに来てください。

国連ユースボランティア関連 過去の記事

国連ユースボランティアに参加しました (2013 年度)

国連ユースボランティア@東ティモール民主共和国 (2014 年度)

「協働」の精神で世界を変えたい (2015 年度)

ワシントンセンター・インターンシップ関連 過去の記事

2014 年度ワシントンセンター(TWC)インターンシップ (2014 年度)

山内一礼さんがワシントンセンター・インターンシップに参加 (2015 年度)