1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 〔インターンシップだより〕邦人向けツアー会社(アメリカ・アラスカ)インターンシップ

〔インターンシップだより〕邦人向けツアー会社(アメリカ・アラスカ)インターンシップ

English (TOYO Global RDS)

アメリカ・アラスカでのインターンシップ報告

吉野愛里沙さん(国際地域学科 1年)

インターンシップだより

私は、2015年度の夏季休暇期間を利用して、アラスカにある邦人向けツアー会社での勤務を経験しました。
私の参加したプログラムはグローバル・キャリア教育センター(GCC)で次年度より正式に実施されるものでしたが、今夏できるだけ日数の長いプログラムに参加したいという私の強い希望により、GCCのパイロットプログラムとして実施されることになり、参加させていただきました。

私は以前より、語学を習得するのではなく、語学を使って何かを出来るようにならなければならないと常々考えてきました。大学に入り、それを実現するためにまず英語を使用する環境での働き方を学びたいと思うようになったことで、今回のインターンシップに参加することを決意しました。

私が勤務させていただいた企業はAmerica & Pacific Tours Inc.(A&P Tours)という、アラスカで邦人のお客様向けのツアーをアレンジしている会社です。基本的に私はオフィスで働いていたのですが、主な業務は、ツアーで利用するVoucher(引換券)の作成、Invoiceの処理、Pre check-in、オフィスの電話対応、ガイド補助などでした。

マニュアルのない会社であったため、初めは何もかも手探りでした。教えて頂いたことを必死にメモし、ポストイットに記入してデスクに貼って、どんな情報でも逃さないという心持ちで仕事をこなしていきました。空いた時間にじぶんで仕事のやり方をノートに纏めたりもしました。

インターンシップだより特に初めのころは、ツアーファイルの読み方や資料の探し方すら分からずに苦労しました。また、邦人向けの会社であるため、勤務している社員はアメリカ在住の日本人の方がほとんどだったのですが、資料や電話対応などはもちろん外部とのやり取りのため英語であり、自分の英語の未熟さに気付かされる場面も多くありました。

そんな業務の中でも特に私が緊張感を持っておこなっていたのが、Pre check-inです。
Pre check-inとは、会社があるアラスカ・アンカレッジの市内のホテルへ団体のお客様が滞在するとき、グループがスムーズにお部屋へと向かうことの出来るように会社のスタッフが事前にホテルへと向かい、チェックインを済ませて鍵を用意しておくという作業です。

アラスカは大きな観光地であるため、オンシーズンになるとホテルやツアー会社は多くのアルバイトを雇います。そのため、慣れていないスタッフによる手違いやミスが発生することが多々あります。Pre check-inではお客様のご要望がきちんと叶えられているか、例えば、追加のベッドがきちんと用意されているのか、ツアーパッケージに含まれているお食事のクーポンは用意されているかなどを確認します。

インターンシップだより インターンシップだより

私はこの作業を任されたことで、自分の仕事がいかにお客様の旅の快適さに直結しているのかということに気づかされました。そしてこれは業務上のどんな小さな作業にも同じことが言えると思いを新たにしました。

私は今回の研修を通して、ツアー会社に勤務する人がどれだけお客様の目線で、ホスピタリティを持って働いているのかを知りました。歩く距離、待つ時間、天候など一つ一つの細かい部分にまで気を配っていらっしゃいました。彼らの様々な努力の上で普段私たちが快適な旅をすることができているのだと実感しました。

私も将来、自分の仕事に誇りと責任を持って働くことができるようになりたいと強く思います。そのためにも、学生であるうちにインターンやボランティアを通して色々な分野での教養と経験を得て、自分自身の可能性を広めていきたいと思っています。

インターンシップだより

国際地域学科1年 吉野愛里沙
(インターンシップ期間:2015年8月3日~ 2015年9月16日 America & Pacific Tours Inc.)

【学生の声】トップへ