1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 2015年春学期 スペシャル・アカデミック・ライティング

2015年春学期 スペシャル・アカデミック・ライティング

English (TOYO Global RDS)

2015年春学期 スペシャル・アカデミック・ライティング

開講日: 2015年4月20日~2015年7月16日
担当講師: シャレイ・ホーガン
受講者数: 48名

【担当講師からのメッセージ】

The expansion of the Language Center continued this semester with the introduction of the Special Academic Writing (SAW) program.  In the SAW program, undergraduate and graduate students from all faculties at Toyo University are invited to participate in highly intensive, one-semester courses.  These courses are designed to enable participants to learn the fundamentals of both academic writing and professional writing. 

We were thrilled to accept so many enthusiastic registrants this term, and we were overwhelmed by the success of the SAW program.  The students worked diligently and methodically.  For that reason, the quality of the essays, position papers, and business letters that they produced was extremely high.  Our students were very proud of themselves in the end, and we were very proud of them.  Many of the participants also noticed a marked improvement in their oral communication skills.  As SAW students are required to speak English with an American instructor during the intensive private lessons, such improvements are to be expected. 

Ultimately, our SAW program provides students with a truly unique opportunity to improve all their English language skills.  At the Language Center, we strongly believe that more students should avail themselves of this unique opportunity.  Next semester, we are looking forward to working with the returning SAW students, and we sincerely hope that we will have the pleasure of welcoming more of you into the SAW program. 

Cheray L. Hogan(Language Center Instructor)


2015年度春学期、ランゲージセンターではスペシャル・アカデミック・ライティング(SAW)を新規開講しました。SAWプログラムは一定の英語基準を満たせば、東洋大学のどの学部の学生・大学院生も受講できる1学期完結型のプログラムです。この講座では、受講者は基礎的な英語によるアカデミックライティングとプロフェッショナルライティングを学ぶことができます。

初めて開講したプログラムにもかかわらず、多くの熱心な学生が受講を希望し、SAWプログラムは無事春学期の全日程を終了しました。受講生は熱心かつ意欲的に取り組みました。執筆したエッセイ、ポジションペーパー、ビジネスレターの完成度は非常に高く、書いた学生自身もその出来栄えに自信を持ったようです。私たちも彼らの努力を誇りに思います。

またSAWは、アメリカ人講師と一対一で全て英語で授業が行なわれるため、ライティング力のみならず受講生の英語コミュニケーション能力も飛躍的に向上しました。

このようにSAWは英語力を総合的にスキルアップすることができる素晴らしいプログラムです。春学期受講した学生より秋学期も継続して受講したいという要望に応え、希望者には継続受講を認めることにしました。継続受講者と共に、また新たな多くの学生の受講をお待ちしています。

シャレイ・ホーガン(ランゲージセンター専従講師)

SAW