1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 〔国際地域学科:学生の海外活動〕国際交流基金アジアセンター日本語パートナーズに出発

〔国際地域学科:学生の海外活動〕国際交流基金アジアセンター日本語パートナーズに出発

English (TOYO Global RDS)

国際交流基金アジアセンター日本語パートナーズに出発します

国際地域学部国際地域学科4年 佐藤侑大


私は独立行政法人国際交流基金アジアセンターが主催する日本語パートナーズ派遣事業タイ3期生として、2015年8月から2016年3月までの7カ月間、タイ東北部ブリーラム県にある中等教育機関Princess Chulabhorn’s College Buriram校に派遣されます。

独立行政法人国際交流基金アジアセンター(外部サイト)

日本語パートナーズの役割はASEAN諸国教育機関の、日本語を母語としない現地日本語教師のアシスタントとして授業運営に携わり日本語学習を支援すること、また派遣先校及び地域にて日本文化の紹介を通した国際交流活動を行うことです。

先日約1カ月間の派遣前研修を終え、現地語や日本語教授法など現地で必要な様々な知識を学び、また模擬授業や文化発表会などの実体験を通し、心身共にパートナーズとしての準備を行うことができました。

大学での多くの経験と出会いを通して見つけ掴んだこの機会を存分に活かせるよう、派遣先地域でも多くのことを経験し、学び、そして挑戦し、タイと日本を繋げる架け橋となるよう精一杯活動します。

日本語パートナーズ派遣
国際交流基金関西国際センターでの派遣前研修の写真(タイ3期・ベトナム2期)