1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. Earth Day Global Conversation at Toyo University 米国ミネソタコミュニティカレッジとオンライン会議を実施しました

Earth Day Global Conversation at Toyo University 米国ミネソタコミュニティカレッジとオンライン会議を実施しました

English (TOYO Global RDS)

On Wednesday, April 22, 2015, the Earth Day Global Conversation took place at Toyo University, joining 6 students from Faculty of Regional Developmental Studies and 10 students from Minneapolis Community College in the United States. This conversation was supported by Fulbright Japan and conducted in English.

Students from the two institutions conducted vigorous discussions on environmental and climate change issues. They shared perspectives regarding how they address environmental and climate change issues globally and locally, and how they value different aspects of the environmental and climate change issues.
Through the discussion, students mutually deepened their understandings of environmental and climate change issues addressed in Japan and the United States, and exchanged their ideas to offer suggestions for improvement.

会議中  会議中2  

2015年4月22日(水)、白山キャンパスにおいて、東洋大学と米国ミネソタコミュニティカレッジの学生による「地球環境と気候変動」をテーマとしたオンライン会議が実施されました。本会議は、地球環境について考える「国連アースデイ」の企画として、日米教育委員会のご協力のもと両大学により企画されました。東洋大学から6名、ミネソタコミュニティカレッジから10名の学生が参加し、議論は全て英語で行われました。

両大学の学生は、「地球環境と気候変動」について、グローバルかつグローカルな視点から問題提起をするとともに、様々な視点から国際社会や地域への影響について議論を深めました。また、議論を通じて日米両国において提起されている諸問題についてお互いに理解を深めるとともに、未来に向けて取り組むべき課題について活発な意見交換を行いました。

会議後