1. トップページ >
  2. 国際地域学部 >
  3. グローバル人材育成プログラム >
  4. 〔留学だより〕オーストラリア・シーキュー(CQ)大学

〔留学だより〕オーストラリア・シーキュー(CQ)大学

English (TOYO Global RDS)

シーキュー大学(オーストラリア)に留学しました

笹木 優花さん(国際観光学科3年)

小さくも魅力あふれる町、ロックハンプトン

CQ大学私が留学をしたシーキュー(CQ)大学のあるオーストラリアのロックハンプトンという町は、日本人にはあまり知られていない小さな町です。
しかし、それと同時に知られていないたくさんの魅力がある町でもありました。

大学のすぐ横には山があり、午前中にハイキングに行けば、とてもきれいな大自然に触れることができます。また、夜に行けば、明かりで照らされたロックハンプトンの町を一望でき、満点の星空も見ることができます。

東京で生まれ育った私にとっては、それらすべてがとても魅力的で感動しました。

カンガルーオーストラリアは広大な土地を持っているという印象があると思いますが、まさにその通りで、学校と寮は隣同士にありますが、歩いて15分から20分ほどかかります。
しかし、その道のりの中でも小さな楽しみがあります。
それは、ほぼ毎日と言っていいほど、カンガルーを見ることができるのです。彼らは野生ですが、大学と寮に私たちと一緒に住んでいます。
いかにロックハンプトンが自然豊かであるかわかると思います。

カンガルーだけでなく、オポッサムや様々な鳥を見かけることができ、毎日歩いていても飽きることなく、新しい発見がありました。

また寮の敷地が広いため、よく友達とゴルフをしたり、雨が降った後の水たまりでスキンボードをしたりと、思う存分自然を楽しむことができました。

オーストラリアの魅力の一つであるビーチですが、とてもきれいなビーチが大学の近くにもありました。
バスで約30分の所にあり、1年通して温暖なロックハンプトンでは、留学期間中(2月~11月)いつでも行けるような気候だったため、私たちはほぼ毎週のようにビーチへ行っていました。

ビーチ クルージング

私が留学していた時は、いろいろな国からの留学生が同じ寮に住んでいました。
一人一人部屋があるのですが、一つ屋根の下で一緒に住むことで、皆ととても仲良くなることができ、一つの家族のように過ごしていました。寮の友人と

寮では1ヶ月に1度程、小さなイベントやパーティーがありました。
その中で一番印象的だったのが、テスト期間中の夜10時頃に開催されたもので、夜勉強している皆が息抜きできるようにとの心遣いでした。チョコレートフォンデュやスナック、ピザ、飴、コーヒーなどがおかれていて、食べ放題でした。
これは学生が皆一緒に住んでいるからこそできるもので、小さなイベントですが、とても嬉しく感じたものでした。

特色のある授業紹介

私が履修した4科目の中で特に印象に残っている授業を二つ紹介したいと思います。

一つ目はオーストラリアのアイデンティティという授業です。
この授業は、グループディスカッションをほぼ毎週するものでした。

例えば、この授業を受けている人は20人ほどでしたが、オーストラリア以外の国々から来た生徒たちが半分以上いました。
その中で4〜5人のグループを作り、共通点を探したところ、違う国の出身でありながらもオーストラリア人との共通点はたくさんあり、それではオーストラリア人のアイデンティティとはなんなのかということを探るグループディスカッションがありました。

オーストラリア人についてよく知ることができたのはもちろん、ほぼ毎週行われるディスカッションの中で、いろいろな人から様々な意見を聞くことができ、物の見方の違いなどに感銘を受けました。

二つ目はアウトドアの授業です。
アウトドアの授業は、サーフィン、カヤック、パドルボーディング、クルーズ、シュノーケリングなどをするものでした。

この授業はスポーツや、教育について勉強している人だけでなく、私たち英語を学習している人にとっても、普段使うことのない英語を学ぶことができる、とても役にたつ授業でした。

オーストラリアの自然と触れ合いながら、いろいろなアクアスポーツを楽しむことができ、さらに、自分ができるスポーツであれば、どのようにやると良いかなど説明をすることで、コミュニケーション能力の向上にも繋がったと思います。
また、毎週提出するレポートでは、リーダー、指導者はどのように行動すべきかなど、将来自分が教える立場になった時のことなども考えることができました。

大切な思い出の旅行

バスツアー休みの期間は友達といろいろなところへ旅行しました。
ブリスベン、サンシャイン・コースト、ダーウィン、アウトバック、ケアンズ、シドニーの郊外へサーフィン、ゴールドコースト、ブリスベンの小さな島、シドニーに旅行へ行きました。

その中でも印象深かったのがアウトバック、ゴールドコーストでの旅行です。

冬休み(6月〜7月)に行ったアウトバックでは、ダーウィンからウルルまで、5日間のバスツアーをしました。
昼間は夏のように暑く、夜は0度まで気温が下がるという温度差がある時期でした。

このバスツアーは、ヨーロッパから多くの同世代の子たちが参加しており、一日目からとても仲良くなり、長時間のバス移動がまったく苦にならないくらい、すごく楽しい時間を過ごすことができました。

冬のアウトバックでのキャンプは、寝る時はとても寒かったですが、皆でキャンプファイヤーを囲み、ご飯を食べ、ゲームをしたのはとても良い思い出となりました。
また、アウトバックならではのカンンガルーの尻尾を食べることができたことも貴重な体験となりました。

ウルル オーストラリア旅行

二つ目のゴールドコーストへの旅行は、友達の誕生日を祝うために特に仲のいい11人で行きました。
クルーズ船を貸し切ったり、皆でパーティーへ出かけたりと、いつも同じ寮で生活し行動を共にしている友達ですが、一緒に旅行することは、また少し違い本当に楽しくて一生の思い出となりました。

オーストラリア旅行 オーストラリア旅行

留学を目指している皆さんへ

私は高校二年生の頃からオーストラリアに留学したいと思っていて、それを去年実現することができました。
8ヶ月間という短い期間ではありましたが、英語力だけでなく、自分なりに大きく成長できたと思うし、世界中に友達ができたこともとても嬉しく、誇らしく思います。

今、この記事を読み留学を目指しているみなさんにも是非実現してもらい、私が経験してきた以上に素晴らしい経験ができることを祈っています。


国際観光学科3年 笹木 優花
(留学期間:2014年2月~2014年11月 シーキュー(CQ)大学)


【学生の声】ページへ

【留学・国際交流】 国際交流協定校のページへ